Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

明智光秀・明智氏のルーツは守護大名の美濃源氏土岐氏

前回ブログの続きです。
前回は、「明智光秀が2020年のNHK大河ドラマ有力 岐阜県東濃地方出身の戦国武将」

土岐氏は、鎌倉時代から江戸時代にかけて栄えた有力武家です。
清和源氏流の摂津源氏系の美濃源氏の嫡流として美濃国を中心に栄えた軍事貴族の系統です。
南北朝時代から戦国時代にかけて約200年、美濃国守護を務めるとともに、室町幕府の侍所頭人として五職家の一角を占め、最盛期には美濃、尾張、伊勢の3か国の守護大名となりましたが、斎藤道三の下克上により没落しました。
庶流には、浅野長政もおり、江戸時代には浅野家、土岐定政家が大名として存続しました。
多くの支流を生み出し、坂本龍馬・浅野長矩(浅野内匠頭)はいずれも土岐支流とされます。
 
源頼光の後裔が土岐氏の祖となりましたが、祖は光衡の説が有力です。
土岐氏の発祥地は、東濃地方の瑞浪市土岐町であり、居城である一日市場館(ひといちばやかた)がありました。
 
跡には八幡神社が建てられており、神社の北側には土塁と思われる遺構があります。
また境内には「美濃源氏土岐氏発祥の地」の石碑と案内板、さらに土岐氏の一族である明智光秀の像が建てられています。
土岐氏が鎌倉時代・室町時代に美濃守護に任じられると、この地は美濃国府となりました。
 
瑞浪市の市制時に、土岐氏発祥の歴史とは関係がない「瑞穂が浪うつ」という意味を込めて、瑞浪市と命名されました。
隣りの土岐市には、かつて旧土岐郡土岐津町がありました(今も残る町名で、市役所があります)が、発祥地ではなかったものの、昭和の合併時に、土岐市と命名されました。
土岐氏の家紋は水色桔梗紋で、旧土岐郡の多治見市、土岐市、瑞浪市の花はともに、桔梗です。
多治見市の市章にキキョウの花が使われています。
多治見氏も土岐氏の支流です。

次回に続く
「明智光秀の正室・妻木煕子 東濃地方の妻木城(土岐市妻木町)を居城とする妻木氏(明智光秀の与力)・子孫に近代建築家の妻木頼黄」