Service / サービス

1

設計料

設計料=基本料(工事費の8%)+構造設計料+申請手続料

基本料

  • 基本料は、一般的な新築の木造住宅(2階建まで)の場合、工事費の8%を基本としています。
    ただし、工事費2500万円以下の場合は、一律200万円です。
  • それ以外の用途・規模・構造・リフォームや増改築・改修・内装設計等の場合は、ご相談ください。

基本料以外の費用

  • 構造設計料申請手続料のもととなる申請の種類・数は、各々異なりますのでご相談ください。

支払い方法他

  • 設計契約時の計算根拠は、計画案の概算工事費をもとにします。
  • 設計開始後は打合せ・設計により、この金額は変動し、工務店との工事契約時にいったん確定します。
  • 工事中の設計変更がある場合、追加工事金額をもとに、増分について清算します。
  • 以下の各段階ごとに、回数を分けてお支払いお願いします。
    設計契約時、基本設計完了時、実施設計完了時、工事契約時、上棟時、引き渡し時の6回です。

設計料についての考え方

  • あらゆる建物は設計や申請なしでは、建てられません。
  • ハウスメーカー等の見積書に、設計料や申請手続料等の項目がなくとも、工事金額にそれらの経費が上乗せされています。
  • 設計料って、高いと思われるかもしれませんが、MeritFlowをご覧になれば、家づくり全般にわたって、設計だけでなく、工事をチェックする監理等、いろんな業務や、多くのメリットがあることを、ご理解いただけると思います。
  • 「設計料」と一般的に呼ばれているので、使っていますが、監理も行うので、正しくは「設計監理料」です。

新築木造住宅以外の事例

▲大規模な内外全面リフォーム(土岐)
▲外構メインのリフォーム(岡崎)
2

構造設計料

より安全な家を許容応力度計算で設計するのに必要な費用

高度な耐震設計や制震設計や免震設計

  • 世の大半の木造住宅で行われている、耐力壁の量と配置のみを検討する、簡易で数枚の「壁量計算」ではなく、床等の水平剛性等も考慮した、構造計算と呼べる、高度でより安全「許容応力度計算」をしています。
  • 予算やプランにもよりますが、最高ランク耐震等級3耐風等級2の設計事例がほとんどです。
    建築基準法は耐震等級1、耐風等級1の最低限の基準です。
  • 高度な耐震設計をした上で、揺れを抑える制震金物等による、制震設計を行う設計事例がほとんどです。
  • 敷地条件と予算にあえば、基礎と上部躯体を切り離して、免震装置を間に付けた免震設計も。
    免震効果のある地盤補強もあり、複数の設計事例があります。
    揺れを抑え繰り返しの余震数回の大地震に耐えなければなりません。
  • 規模や構造形式や、特殊な構造形態(例えば、半階ずらしのスキップフロア)等によって、構造設計料は異なります。
▲田原の大屋根の家/田原
3

対応エリア

東海地方を中心に、どこでも場所は問わず可能です

西三河や東三河を中心に、東海地方(愛知・岐阜・三重・静岡)をベースにどこへでも

西三河では、岡崎、豊田、安城、西尾、幸田、刈谷の事例や、みよし、知立、高浜、碧南の計画もあります。
東三河では、蒲郡、豊川、豊橋、田原の事例があります。
尾張では、名古屋、知多半島の阿久比の事例や東浦の計画もあります。
岐阜では、土岐の事例や、岐阜市、静岡では、湖西の計画もあります。

西三河 / 岡崎 豊田 安城 西尾 幸田 知立 刈谷 みよし 高浜 碧南
東三河 / 蒲郡 豊川 豊橋 田原 新城 他
知多   / 大府 東浦 東海 知多 阿久比 常滑 半田 武豊 美浜 南知多
東尾張 / 名古屋 豊明 日進 長久手 東郷 瀬戸 尾張旭 春日井 小牧 北名古屋 犬山 他
西尾張 / 一宮 稲沢 清須 愛西 津島 弥富 蟹江 飛島
岐阜県 / 多治見 土岐 瑞浪 可児 恵那 中津川 岐阜 他
三重県 / 桑名 四日市 他
静岡県 / 湖西 浜松 他
その他

▲星崎の宝箱の家/名古屋
▲暮らせる蔵/阿久比
4

リンク