Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

KYBによる、免震建築物に設置する免震オイルダンパーの改ざん問題

自動車部品メーカーでもある、KYBによる、免震建築物に設置する免震オイルダンパーの改ざんが、大問題になっていますが、3年前にも、東洋ゴムの免震ゴムの改ざんがあったばかりです。
こちらは、その違いについての記事です。
KYB検査データ改竄、「東洋ゴム」との違いは? 

耐震上は震度7でも大丈夫と国土交通省も答弁していますが、そんなのは当たり前です。
免震装置は、耐震性を担保するものではなく、地震の大きな揺れを小さく抑える装置だからです。
耐震性をアップした状態(耐震等級2や3など)の建物に付けるのが、特に官庁建物では当たり前のことです。
免震装置はとても高価なので、耐震等級の低い建物(等級1は建築基準法レベル)に付けるのはもったいないというか、意味がないです。
予算の制約があれば、まずは、耐震性アップを先にすべきです。
戸建住宅では、免震装置を採用した家は、かなり少ないです。
かなり高価ですし、地盤の制約や敷地周囲の構造物との離隔距離が必要であることなど、多くの制約があるのも要因です。

KANO空感設計では、7年前の東日本大震災以前から、制振金物を設置した家を常に設計しています。
もちろん耐震性を最高ランクの耐震等級3にアップした上での設置です。
免震よりも、ずっと安価に、地震の揺れを半分に抑えた家に設計することができます。
いろんな制震装置を採用してきましたが、最近は、イケヤ工業のガルコンをよく採用しています。
3枚の分厚い鋼板(自動車用)の間に、各々の間に粘性体をはさみ、さらに、バネがついていて、元の位置に戻ろうとします。
イケヤ工業のガルコン
https://ikeya-k.jp/feature/
また、地盤改良によって免震効果をはかる、置換工法である、スーパージオ工法http://www.chitaikyo.or.jp/sgmethod.html 

コロンブス工法
http://www.plg.co.jp/
を多く採用してきています。
液状化地盤対策にもなります。

 

強い風の台風24号襲来 窓ガラス割れ対策 

昨日の台風24号は風がものすごかったです。
雨戸やシャッターが、ガタガタとすごい音がしていました。
今後、ますます、狂暴化し、また増えていく台風から家を守るための設計にするには、少なくとも、大きな窓には、雨戸かシャッターが必需だと痛感します。
シャッター窓は一般的に、バルコニーに面する場所や1階下屋(1階屋根)の直上など、足場となる場所がある2階窓に設置するのは比較的、手が届きやすくていいですが、そうではない場所だと、メンテナンスや交換時に、困ることになる傾向があります。
長い脚立を立てて、それらができればいいですが、できないと、高価な足場を組む必要があります。
シャッターを閉めた状態で、何かが飛んできて、ぶつかれば、修理や交換が必要になります。

1階の水回り等の小窓には面格子を付けるか、泥棒が侵入できないような大きさの窓(縦スリット窓や横スリット窓やスクエア小窓)を設置する設計をすることが多いです。
ガラスが割れる危険性を低くすることができます。
2階の小窓まで、面格子を付ける設計は、普通はしないですが、今後は、特に大きな川沿いや周辺に建物等が少ないなどで、風あたりの強い地域や周囲に木が多かったり、強風で飛ばされそうな、看板等があるような地域では、面格子設置も検討していく必要があるかもしれません。
2階にスリット系窓を設置することは、以前からよく設計採用しています。

2018.10.01「設計
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知県内の古建築や近代建築物等の国登録有形文化財の特別公開2018が開催されます

今年も愛知県全域で、国の登録有形文化財の建物特別公開2018が行われます。普段、見ることのできない、貴重な歴史ある建物(様々な種類の用途の建物があります)の中に入って見学したり、解説を聞くことができます。
毎年秋に開催され、毎年行っています。
今年はどこに行こうかな。

10/28 北尾張地方(犬山市、江南市、扶桑町) 
11/11 名古屋市 (準備中)
11/17 西三河地方(岡崎市、碧南市) 
11/18 東三河地方(豊橋市、豊川市、新城市) 
11/23 半田市  
11/24 尾張地方(一宮市、瀬戸市、清須市) 
11/25 知多地方(大府市、知多市、武豊町、美浜町)  
http://www.aichi-tobunkai.org/kokai/2018/index.html 

1 2 3 1,072