Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

「備える家/岡崎」 基礎工事 捨てコンクリート打ち

設計した、「備える家/岡崎」の現場監理へ。
液状化対策地盤補強であるスーパージオ工法の施工が完了し、その地盤改良体の上に、「捨てコンクリート」と呼ぶコンクリートを打ちました。
液状化対策地盤補強であるスーパージオ工法の施工については、前回前々回前々々回の各ブログで説明しています。
略して、「捨コン」と呼んでいますが、「捨て」なんて、なぜだか「どうでもいいような印象の言葉」がついていますが、重要なものです。
その重要性のためか、公共建築物では、「均し(ならし)コンクリート」と呼ぶようになっています。
しかし、民間建築物ではいまだに、「捨てコン」と呼ぶのが普通です。
建物の位置の基準となる墨を打ったり、今後行う、基礎の配筋(鉄筋を組み立てること)をしていくうえで、フーチングと呼ぶ深い基礎の部分の直下を水平にする目的や、型枠を立てやすくするなどの目的があります。
捨てコンを打ってない、凸部は、砕石の上に、防湿シート(湿気が地中から上がってくるのを防ぐ)を敷いてあります。

木造住宅の基礎の種類には2種類あります。布基礎とベタ基礎です。
KANO空感設計では、過去では一般的だった、帯状に設ける、布基礎(逆T字型の基礎形状)ではなく、底盤(ベース)全面にコンクリートを打つ、ベタ基礎を採用しています。
面で家の荷重を受けることができます。
どちらの工法も、各々一長一短あります。
今や、世の中の最近の住宅の大半は、ベタ基礎がほとんどです。
ただし、その配筋方法等は工務店等によって様々です。
ぱっと見た目で、ベタ基礎形式なら、なんでもいいというわけではないです。
建物の外周には、フーチングと呼ばれる、部分的に、深い基礎を設けることが一般的ですが、フーチングがない設計の家もあります。
家の内部については、立ち上がり基礎だけを設ける設計の家もあります。
その場合は、この家のように、配筋前の状況が、この写真のように点在する島状にはなっていないです。
地中梁といって、底盤の下に大きな基礎がちゃんと何本もある家は、この写真のようになります。
KANO空感設計では、構造計算をして、基礎を設計していますので、簡易なスパン表などの方法で決めた基礎と比べ、地中梁があったり(スパン表を使っていても地中梁を設ける設計もあります)、鉄筋の量が多かったり、底盤の鉄筋の間隔の細かいところがあったりします。
ハウスメーカーの中には、布基礎を採用している会社もあります。
今後、底盤コンクリートを打つと、捨コンや、防湿シートは隠れて見えなくなります。

 

「備える家/岡崎」 液状化対策地盤補強 スーパージオ工法の施工完了

設計した「備える家/岡崎」 の液状化対策地盤補強であるスーパージオ工法の施工が完了しました。
前回ブログの「「備える家/岡崎」 液状化対策地盤補強 スーパージオ工法の施工開始」で、施工方法について、詳しく説明していますので、ぜひこちらもご覧ください。
改良体(スーパージオ体)のまわりに、巻いた土木シートの上に、Rボードというボードを全面に敷いて、テープ留めしてあります。改良体周囲には砕石が充填されました。

こちらが、敷く前に搬入されたRボードです。

「備える家/岡崎」 液状化対策地盤補強 スーパージオ工法の施工開始

設計した「備える家/岡崎」の現場監理へ。
矢作川に近く、地盤調査及び土質試験で、地震時の液状化が起こるとの結果が出たので、液状化対策地盤補強であるスーパージオ工法を採用しました。
一般社団法人 地盤対策協議会の工法です。
矢作川に比較的近い、「つながる家/岡崎」でも採用したことがあります。
建物の重量と同等の土を取り除きそこへビールケースのような、、樹脂製箱状の改良体(スーパージオ材といいます)を敷き詰めて、地盤を軽量化し、建物を支える力を保つ、置換工法です。
簡単な工法であり、土掘削以外は、改良体工事自体には、特別な重機がいらないので、工務店(実際は下請けの土工事会社)が施工できます。狭い土地や前面道路の場合で、重機が敷地内に入らない場合でも施工できます。
どんな土質でもOKです。
まずは、掘削された状態を確認しました。

土木シートを敷いてから、その上に砕石を転圧してありますが、より平滑になるように、再転圧してもらいました。

次に、この採石の上にも、土木シートを敷きます。

パーツに分かれて、搬入されている、スーパージオ材を組み立てます。
軽いので、組み立ててから、運んでもいいし、実際に配置する場所で組み立ててもいいです。
地盤対策協議会の施工指導員が来てくれたので、わかりやすいよう、やりかたのお手本を前者の方法で見せてもらいました。
まず、本体を置きます。

この両サイドに、ハーフと呼ぶ側パネルをはめます。ビスや釘などは不要です。

この上に、天板となるパネルをはめます。はめる向きが決まっているので、注意が必要です。

横からみたところです。

大きな空洞があります。
地盤が液状化した時に、地上に上がってくる水がこの改良体内に入ることにより、液状化対策が可能なのです。
ちなみに、今回の現場では使いませんが、地盤状況や建物荷重等によっては、高さが大きい(H520mm)スーパージオ材にすることも、以下のように、同じパーツを使って可能です。

側パネルがないものどうしが隣合わせになるように、並べていきます。

並べ終わったところです。この写真は仮置きの状態です。
この後に、基準となる糸を張って、それに合わせて、端がそろうようにまっすぐに並べます。

両端のエンドパネルをはめます。

これを周囲の土木シートでくるみ、テープでとめます。土木シートの側面には砕石を充填します。
これらは、液状化時に、水だけを入れ、や砕石がスーパージオ材内に入らないようにするためです。

両端の土木シートをきれいに折り曲げて、テープで留めます。

土の掘削深さが浅い部分的には、側パネルがなしとし、天板パネルを2枚重ねるパーツを並べます。

これらの作業をくりかえしていって、全ての掘削部分に、スーパージオ材を敷き詰めていきます。
最後に、シート脇に採石を充填していきます。

1 2 3 919