Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

ゴールデンウィークの行先6 瑞浪市3 瑞浪市民公園こいのぼり祭、瑞浪市化石博物館、地球回廊、市之瀬廣太記念美術館、瑞浪市陶磁資料館、岐阜県先端科学技術体験施設 サイエンスワールド

前回ブログの続きです。
暗くなったので、瑞浪から移動し、多治見の実家へ帰省し、泊まりました。
翌朝、また、瑞浪へ。瑞浪インター近くの瑞浪市民公園へ。こいのぼり祭が開催中でした。
たくさんの、こいのぼりが空に。

瑞浪は、よさこいソーラン踊りのさかんな町であり、12月に開催される「瑞浪バサラカーニバル」には、全国から多くの人たちが、この年の踊り終いとして、集まります。 「瑞浪バサラカーニバル」http://www.mzcci.or.jp/basakani/
こいのぼり祭のイベントで、演舞をしていたので、見ました。

瑞浪市民公園と隣地には、多くの文化施設が集積しています。こいのぼり祭開催期間中は全て、入館料が無料でした。
瑞浪市化石博物館へ。この周辺では多くの化石が産出しています。

瑞浪で発見された、デスモスチルス。このあたりは、かつては海でした。

隣りにある、化石の地下壕へ。
天井に多くの貝の化石が見られました。

かつて、戦中に飛行機生産地下工場として掘られた壕跡です。


地球回廊へ。
かつて、戦中に飛行機生産地下工場として掘られた壕跡を利用して、地球の歴史を展示しています。

地球誕生、生命の誕生、恐竜など。


市之瀬廣太記念美術館は、瑞浪市出身の彫刻家 市之瀬廣太の作品の常設展示を行っています。

企画展示で、昨日行った、瑞浪市大湫町(旧中山道大湫宿)出身の天野裕夫展をやっていました。
都市と動物などが一体化した彫刻がとても、おもしろくて、不思議な世界観です!撮影可です。

瑞浪市陶磁資料館へ。瑞浪市のある東濃地方(東美濃)は、美濃焼の産地であり、陶磁器生産の全国シェアが半分以上あります。

瑞浪市出身の陶芸家 人間国宝の加藤孝造展示室を見ました。

常設展示の美濃焼について、よくわかる展示もよかったです。
屋外展示には、美濃焼生産に使われる様々な道具や、陶磁器材料を作るための大きな水車などがありました。

連房式登窯。

瑞浪市民公園の隣接地には、岐阜県先端科学技術体験施設 サイエンスワールドがあります。
設計は、私の名古屋工業大学時代の研究室の恩師である、仙田満先生の設計事務所「環境デザイン研究所」です。
先生は、東京工業大学名誉教授、元日本建築学会会長、元日本建築家協会会長であり、子ども関連施設設計の第一人者です。
モリコロパーク(愛・地球博記念公園)に万博以前から建っている、愛知県児童総合センターの設計で、建築学会賞を受賞しています。
愛知県児童総合センター https://www.acc-aichi.org/ 子供たちが小さい頃よく遊びに行きました。
学生時代には、東京港区麻布十番の先生の設計事務所によく、アルバイトに行ってました。

子供を対象に、科学実験をしたり、科学工作作りの体験ができます。

以上をもって、ゴールデンウィークに出かけた旅先ブログを終わります。

ゴールデンウィークの行先5 瑞浪市2 YZ CIRCUIT、フェスティカサーキット瑞浪、竜吟峡・竜吟の滝、NHK朝ドラマ「半分、青い。」ロケ地の「釜戸町の吊橋」

前回ブログの続きです。
ゴールデンウィークに 行った岐阜県瑞浪市の続きです。
瑞浪市内の旧中山道の近くには2つのサーキット場があります。
YZ CIRCUITには、若かりし頃、車好きの友達たちと来たことがあります。自分の車でサーキットをドリフト走行できます。
僕は当時、ニッサン シルビアに乗ってました。

フェスティカサーキット瑞浪は、日本最長のカートコースで、全日本クラスの様々な大会が開催されています。

フェスティカサーキット瑞浪の隣に、竜吟湖・逆川ダムがあります。

下流にある、竜吟峡・竜吟の滝へ。二匹の龍伝説があります。
国道19号沿いにある「ドラゴン21」の美濃焼陶製モニュメントです。

竜吟湖から流れる、不動川には、7つの滝があります。
最初にあらわれる、一の滝は最大の滝です。御嶽山信仰の碑や三十三観音像が近くにあり、神秘的な雰囲気です。

二の滝。滝の上を渡れる橋があり、真上から見ることもできました。雨が降った翌日だったので、水量がすごくて迫力ありました。

最後の梵天の滝。竜吟峡には、巨石がごろごろあります。

下山し、瑞浪市自然ふれあい館で休憩。野鳥を中心に、竜吟峡周辺で見られる、動植物の紹介展示などがありました。

館内に無料のクライミングウォールがありました。竜吟峡周辺の多くの巨石を使った、ロッククライミングがさかんです。

近くにある、NHK朝ドラマ「半分、青い。」ロケ地の「釜戸町の吊橋」へ。
行先の参考にしたHPはこちら。https://80blo.net/2018/05/13/hanbun-aoi-location-mizunami/
JR中央線と国道19号線の間を流れる土岐川(下流の愛知県では「庄内川」と呼称)にかかる、吊橋です。

ドラマで、高校生時代のヒロインの鈴愛たちが、この石積に座って、絵を書いていました。
渡ると揺れます。床の木板が踏み抜けないかちょっと怖いです。

すぐ下流にある、青い吊橋は、4話で小学生たちが遊ぶシーンで使われました。
行った時は耕運機が渡っていました。のどかだなあ。

次回ブログ瑞浪3に続く。

 

ゴールデンウィークの行先4 瑞浪市1 美濃歌舞伎博物館「相生座」、旧中山道細久手宿・大湫宿

前回ブログの続きです。
ゴールデンウィークに 岐阜県瑞浪市へ。旧中山道を西から東へ旅しました。
細久手宿近くの美濃歌舞伎博物館「相生座」は、地歌舞伎が盛んな岐阜県(特に東濃)に多く残る歌舞伎舞台のひとつです。
下呂市と恵那市岩村町にあった、歌舞伎舞台をこの地に移築し、複合化し、復元させたものです。

歌舞伎は東京銀座の歌舞伎でしか、見たことがなく、いつか地歌舞伎というものを見たいと思います。
ここ、相生座では年に1回秋に開催されています。
舞台裏や楽屋や地下のまわり舞台装置など、説明していただきながら、見学することができました。

細久手宿の旅館 大黒屋は、うだつの上がる立派な元旅籠です。国の登録有形文化財です。

大湫宿までの旧中山道には、見どころが多くあります。
奥之田一里塚。これを含め、両側に塚が残る一里塚が、瑞浪市内に4つ連続しており、貴重です。

弁財天の池は、透き通った透明な池がきれいです。中島に弁財天が祀られた祠があり、神秘的です。

日本最長の石畳の残る琵琶峠。
 

大湫宿へ。
宿場町の入口にある高札場。

見事な絵天井のある大湫観音堂。しだれ桜は終わっていました。

神明神社の大杉は、とてつもなく、幹が太い巨木です。

脇本陣は非公開でした。国の登録有形文化財です。

本陣跡地の皇女和宮の陶製人形と皇女和宮御歌。公武合体のため、和宮が江戸へ下る途中に、宿泊した地です。

旧・森川訓行家住宅(問屋 丸森 森川家)は、最近、改修工事がなされ、公開されました。国の登録有形文化財です。

次回ブログに続く。瑞浪市2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1 2 3 1,078