Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

豪雨や台風と地震の同時または連続で発生可能性

前回ブログの続きです。
前回は、「浸水被害実績マップ・ 浸水被害予測マップ・河川氾濫マップ・土砂災害危険度マップ・地震予測マップ・液状化マップ・津波マップ・ハザードリンク集・ハザードマップ」

<最近の大きな地震>
三河南部地震が、今年2018年4月14日に、三河の西尾市吉良町を震源として起きました。震度4
過去ブログ 以降、連載で三河南部地震について書いています。
熊本地震から2年を迎えた4月14日に、三河南部の西尾で大きな地震

大阪北部地震が、6月18日起こり、震度6弱の甚大な被害をもたらしました。
過去ブログ
大阪北部地震発生・液状化対策、高度な耐震設計、制震設計、家具転倒防止対策、地震時火災対策を行った「備える家/岡崎」のオープンハウス開催7月28・29日
大阪北部地震から1週間・住宅被害は1万棟超、地震の建物被害の大きさを判定する応急危険度判定・応急危険度判定士
大阪北部地震で大阪府内の住宅被害2万棟超えました
大阪北部地震は、断層型の地震と言われています。
終戦間近の昭和20年1月13日に起きた、甚大な被害をもたらした、三河地震も断層型地震です。三河地震 – Wikipedia
蒲郡市、幸田町の深溝断層(ふこうぞだんそう)と、西尾市吉良町から旧西尾市へかけての横須賀断層がずれました。
過去ブログ
1月13日は昭和20年に起きた三河地震の起きた日
昭和20年1月13日の三河地震 その1
三河地震を起こした深溝断層見学 その2

今年の4月14日の三河南部地震との関係性は分かりませんが、要注意だと思います。
 豊田から高浜にかけて、長大な、猿投-境川断層(猿投-高浜断層帯)があります。
豊田には、猿投山北断層があります。
瀬戸には、多治見からつながる笠原断層があります。
 
活断層図 東海地域整備範囲 国土交通省 国土地理院 活断層の位置が見られます。
  
千葉県北東部で、昨日7月7日、震度5弱の地震がおきました。マグニチュード(M)は6.0
<地震>千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし Yahooo!ニュース 2018年7月7日

<豪雨や台風と地震の同時発生可能性>
このように、当たり前のことですが、日本では、豪雨と、地震が同じ日に起こることが、実際にあるのです。
同じ地点でそれが同時に起こる可能性もあります。
調べていませんが、過去に日本で起きたことがあるかもしれません。
豪雨や台風に対しては、気象予報により、ある程度は、家への対策や避難等ができますが、地震は予報や予知ができません。
せいぜい、震源地の大きな揺れを感じて、すぐに周辺地域に発信される地震襲来情報がある程度です。
大阪北部地震の被災地でも、今回、雨が降りました。
余震だけでなく、被災建物へは、豪雨や台風も、さらなる痛手となり、被害を拡大します。
前回も書きましたが、地震で河川の堤防や沿岸の防波堤が壊れたところに、豪雨や台風が襲ってきたら、大規模な浸水被害等もあうことになります。
 
次回に続く
「災害に備える設計の重要性・「備える家/岡崎」のオープンハウス開催7月28・29日」