Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

熊本地震から2年を迎えた4月14日に、三河南部の西尾で大きな地震

今日は、熊本地震から2年ですが、偶然、ここ愛知で最大震度4の地震が起きました。
岡崎は震度3で、事務所にいて、大きな揺れを感じました。
マグニチュード:4.6 震源の深さ:約10km

震源地(図で×)は西尾市吉良町の三河鳥羽駅(名鉄蒲郡線)の西付近。
震度4が4地点(図で黄色)あり、震源から近い順に書くと、西尾市一色町(旧一色町 一色さかな広場の北の一色用悪水路の沿川で河口)、西尾市矢曽根町(西尾駅南付近、北浜川沿川、北端は西尾消防署、南端は明泉寺付近)、幸田町菱池、一番遠くは17km離れた、高浜市稗田町です。

いずれも、大地震にゆれやすいとされているところです。
全て、大地震時震度予測は震度6強です。
高浜市稗田町を除き、全て液状化危険度は、「極めて高い」地点です。
いずれも川沿いです。

 一色町は海を、菱池は巨大な菱池を大規模な干拓によって新田開発されたところです。
西尾市矢曽根町のすぐ南に深池町や菱池町があります。
もと池があったのではないでしょうか。そうであれば、ここも大きく揺れたのではないかと思います。
高浜市稗田町(ヒエダ)(高浜港駅東付近、高浜川沿岸)は市街地になっていますが、地名に「田」がつくので、元は田でしょう。ヒエは、イネ科の植物で、田でも畑でも栽培できたので、ヒエを栽培していた土地か、湿地性のヒエが自生していた土地の可能性があります。

熊本地震でも、液状化現象が発生しています。
熊本市南区において南北約5kmの範囲に液状化による被害が集中していたことがわかりました。この区域は河川沿いではなく、内陸にあたります。
今までは、液状化しやすい場所は埋め立て地や河川沿いが挙げられていて、今回の熊本地震でその常識が覆されてしまったと思われました。
しかし詳しく調べてみると、記録も残されていないぐらいはるか昔は川だった可能性が出てきたのです。

調査によると、熊本市南区では幅100m長さ約5kmにもなる「液状化の帯」が出来上がっていることが確認されています。
いつ頃に埋め立てられたのかはっきりしませんが、この帯はかつて明治時代には、旧河道(きゅうかどう)だった可能性があると調査報告されています。
旧河道とは、過去に川があり水が流れた跡地のことです。
この「液状化の帯」現象は、千葉県浦安市においても東日本大震災で同じように見られました。

次回に続く