Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

NHK朝ドラ「半分、青い。」明治村で初デート 帝国ホテル東京に「インペリアル タイムズ」(建築家ライト設計の旧館の常設展示)がオープン 旧館は明治村に移築された名建築「ライト館」

NHK朝ドラ「半分、青い。」で今日は、ヒロインの鈴愛が初デートで明治村に行きましたね。
犬山市の明治村に何度か行ったことがありますが、明治村といえば、帝国ホテルというイメージがあるほど好きな建築です。
「通る家/岡崎」のお施主様のご要望である、「レトロモダン」の参考にするため、犬山市の明治村に行ったのが一番最近です。
過去ブログ。5回連載の1回目。
明治村見学 その1 5丁目 

アメリカの巨匠建築家のフランク・ロイド・ライトが設計しました。
日本建築や日本文化の影響を強く受けており、低く抑えたプロポーション、有機的で古代文明を想起させるような独特なディテールデザインが特徴的です。名古屋工業大学の授業で、ライト設計の住宅の模写をしました。
 


東京日比谷の帝国ホテル東京の1階ロビー内に、ライトの生誕150周年を記念して、「インペリアル タイムズ」という旧ライト館の常設展示コーナーがオープンしました。
旧ライト館の特殊なタイルの製造にかかわったのは、旧INAX、現在のLIXIL(リクシル)です。
リクシルは、常滑市に本社のあったタイルや便器等衛生機器製造のINAXを含む5社が合併した、業界最大規模の巨大建材・設備メーカーです。
  
オープンを伝えるリクシルの記事「帝国ホテルの「インペリアル タイムズ」を支える「LIXILものづくり工房」の仕事が、以下の3ページにわたってあります。
  「LIXILものづくり工房」の仕事帝国ホテル旧本館「ライト館」 
復原のなかに、未来を拓く
帝国ホテル 東京 「インペリアル タイムズ」がオープン

旧帝国ホテルの図面や模型など見られます。
ライト館の意匠が残るメインバー「オールドインペリアルバー」ではオリジナルカクテルが供されています。
東京、大阪、上高地(長野)の帝国ホテルは、上高地以外は、外観しか見たことがないですので、いつか行ってみたいと思います。
 
近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトが設計した建築物15選! から以下、旧帝国ホテルについて転載。
1914年(大正3年)頃から、当時の総支配人だった林愛作は旧知のアメリカ人建築家、フランク・ロイド・ライトと新館設計の相談を重ね、1916年(大正5年)に契約を結んだ。翌1917年(大正6年)にライトは来日し、1919年(大正8年)9月、着工した。ライトは使用する石材から調度品に使う木材の選定に至るまで、徹底した管理体制でこれに臨んだ。
鷲が翼を広げたような巨大なホテルは、10のブロックをエキスパンションジョイントで繋ぎ合わせた構造になっており、これで建物全体に柔軟性を持たせるとともに、一部に倒壊があっても全体には累を及ぼさない仕組みになっていた。また大規模ホテルとしては世界で初めて全館にスチーム暖房を採用するなど、耐震防火に配慮した設計だった。
しかしこうした完璧主義は大幅な予算オーバーを引き起こした。ライトはそれでも林との個人的な友情でかろうじて施工の総指揮を続けていたが、1922年(大正11年)4月、隣接する初代帝国ホテルが失火から全焼すると、新館の早期完成は経営上の急務となり、設計の変更を繰り返すライトと経営陣との衝突は避けられなくなった。さらに当初予算150万円が6倍の900万円に膨れ上がるに至って、林は総支配人を引責辞任、ライトも精魂注いだこのホテルの完成を見ることなく離日した(同年7月)。一部完成済みの部分を利用してホテルは営業を再開した。
ホテルの建設はライトの日本における一番弟子だった遠藤新の指揮のもと、その後も続けられた。1年後の1923年(大正12年)7月、着工以来4年の歳月を経てライトの本館は完成した。9月1日に落成記念披露宴が開かれることになったが、関東大震災が東京を襲ったのは、まさに宴の準備に大忙しの時だった。周辺の多くの建物が倒壊したり火災に見舞われたりする中で、小規模な損傷はあったもののほとんど無傷で変わらぬ勇姿を見せていたライトの帝国ホテルはひときわ人々の目を引いた。ライトは二週間後このことを遠藤からの手紙で知り狂喜したという。
1945年(昭和20年)3月10 – 11日の東京大空襲では、本館中央部から南翼、孔雀の間、演芸場などに多くの焼夷弾が落ち、焼失は総床面積の四割強に及ぶ大きな被害を受けた。終戦ともに帝国ホテルはGHQに接収され、そこで大規模な修復工事が行われ、復旧した。
占領が終わって日本を訪れる外国人が再び増え始めたことにともない、1954年(昭和29年)にはライトの本館の裏手(現在インペリアル・タワーが建っている敷地)に客室数170の第一新館が完成、1958年(昭和33年)にはその横に地上10階、地下5階、客室数450の第二新館が完成した。これをうけて、1964年(昭和39年)にはライトの本館を取り壊し、その跡地に新たに鉄筋コンクリート造、地上17階、地下3階、客室数772の新本館を建設することが発表された。
震災にも空襲にも耐えたこのホテルの存続を訴える大規模な反対運動が起ったが、本館は地盤沈下などの影響で柱が傾き雨漏りがするといった老朽化の問題もさることながら、都心の一等地を占有する巨大な建造物の客室数がたったの270では話にならなかった。
ライトの新館は1967年(昭和42年)に閉鎖され、翌年春頃までに取り壊された。跡地に建設された近代的外観の新本館は、1970年(昭和45年)の日本万国博覧会開会に合せて、同年に竣工した。
「ライト設計の帝国ホテル本館」は、「ライト館」として、人々の想い出の中に生き続けることになった。ライト館の玄関部分は博物館明治村(愛知県犬山市)に十数年の歳月をかけて移築再建され、今日でも在りし日の面影を偲ぶことができる。また、東武ワールドスクウェア(栃木県日光市)では実寸比25分の1のミニチュアで在りし日のライト館全景を再現している。2005年(平成17年)4月、新本館14階の「インペリアルフロア」に新設された「フランク・ロイド・ライト・スイート」は、ライト館のさまざまな箇所に施された独特なマヤ調の意匠やライト独自のスタイルでまとめられた内装や調度品を忠実に再現したものとなっている。

次回に続く