Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

NHK朝ドラマ「半分、青い。」明治村で初デート ロケ地の建築6 金沢監獄

前回ブログの続きで、NHK朝ドラマ「半分、青い。」明治村内のロケ地です。
金沢監獄中央看守所・監房は、合理的な八角形の中央看守所が特徴的です。
鈴愛がこの建物が一番好き!と監獄内へ小林をはしゃいで、連れていくシーン。

自分の考えた拷問道具のスケッチを小林に見せるシーン。
こんなこと言われたり、スケッチ見せられたら、だれでも引くぞ~。
でも自分も以前、興味があって調べたことがあります。

中央看守所から、放射状に延びる監房。

ドラマでも鈴愛が話していましたが、現在ここに置かれている↓看視室は金沢監獄のものではなく、網走監獄で使われていたものです。
網走監獄は博物館になっており、行ったことがあります。

金沢監獄正門はロケ地ではないですが、ロケ地として使われた池の近くにあり、金沢監獄中央看守所・監房とは離れています。
レンガ造に石の帯状装飾を入れるのは当時の洋風建築の流行です。
東京駅を設計した辰野金吾がよく採用していました。
最近では、昨年見学した、京都三条通りの京都文化博物館(旧日本銀行京都支店)
西洋の城郭の門にも似て、左右に二階建の看視塔を建て、中央にアーチ型の主出入口、両側に脇出入口を備えています。

次回に続く