Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

(株)ユニソンのパッシブデザイン・OMソーラーのパッシブエアコン(全館冷暖房)の代理店 

前回ブログの続きです。
(株)ユニソンは、単なる外構メーカーではありません。
家と庭を一緒にエコの観点から考えたり、住宅のパッシブデザインを推進する住宅資材メーカーとしても、私たちは注目しています。
ユニソンのパッシブデザイン事業

パッシブデザインとは、自然エネルギーをそのまま受動的に利用する、家の配置や造りで行うエコハウス設計法です。
なるべく機械に頼らず、太陽を上手くコントロールしたり、高気密・高断熱にし、自然素材を使い、四季を通じて心地いい「光や風が通り、冬暖かく、夏涼しい」省エネ低燃費健康快適エコハウスを高いデザイン性で創ります。
KANO空感設計のホームページEco House / 10のエコハウス のページで詳しく説明しています。

(株)ユニソンは、 パッシブエアコンという小屋裏に設置した1台のエアコンで、家じゅうを冷暖房するOMソーラー(株)が開発したシステムを代理店として、取り扱っています。
基礎断熱とし、床下を室内と一体化し、小屋裏のエアコンから縦ダクトで床下空間へ暖気を送り、床下全体を暖めて輻射熱による床暖房的な効果を発揮しながら、床吹出口や各所へのダクトからの直接暖気でも暖めます。
夏は、小屋裏のエアコンから各所へダクトで冷気を送ります。
KANO空感設計では、以前から、床下エアコンをたくさん採用しており、小屋裏エアコンも採用事例がありますので、このパッシブエアコンも採用したいと考えています。

開発した、 OMソーラー(株)は太陽熱利用のソーラーシステムの会社として、古くから有名です。
私はOMソーラーの本社(浜松・地球のたまご)や見学会等に多数参加しています。
過去ブログ。
東京横浜建築旅行 1日目 OMソーラーのモデルハウス見学 8連続投稿の2回目
太陽熱ソーラーシステム(OMソーラー・もくようれん)研修旅行1 in 長野県・山梨県 3回連続投稿の1回目
長野県飯田市建築見学 その1 3回連続投稿の1回目

OMソーラー以外のソーラーシステムもたくさん見学しています。そよかぜ、そらどま、FITZソーラーなど。
   
屋根面で集熱した太陽熱を、縦ダクトで床下空間へ送って床暖房し、お湯とりもできるシステム「OMソーラー」を採用するには、施工する工務店がフランチャイズに入らなければなりません。
それが普及のネックなのですが、パッシブエアコンは、その必要がないのが魅力的です。
 
昨年、ユニソンとOMソーラーの主催のパッシブエアコンの見学会に、SHARESラグーナ蒲郡に行ったことがあります。
過去ブログ。SHARESラグーナ蒲郡のパッシブエアコン搭載モデルハウスの説明会及び見学
SHARESラグーナ蒲郡は、昨年春にオープンした新形態の住宅展示場であり、リゾート宿泊施設でもあります。
ラグーナテンボス(ラグーナ 蒲郡)のある、ヨットハーバー港に面しており、隣には独立前に設計にかかわったラグーナ蒲郡のリゾートマンション群が建ち並びます。
 
OMソーラー(株)が建てたモデルハウスが2棟あり、うち1棟OM-WORKSに、パッシブエアコンが搭載されています。
 

 

小屋裏設置のパッシブエアコン本体。手前が吸い込み口で、奥が冷暖気を送るダクト。

床下への立ち下げダクト。

壁吹出口。

もう1棟のVOLKS-nRには、OMソーラーが搭載されています。屋根頂部付近に集熱パネルがあります。

床下へ暖気を立ち下げるダクト。

床吹出口。

  (株)ユニソンはパッシブデザインのセミナーもよく開催しています。
過去参加した時の写真。

次回に続く