Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

エクステリア&ガーデンフェア 開催 at ポートメッセなごや 4月27(土)・28日(日)

前回ブログの続きです。
 「広々デッキと斜め芝庭/岡崎」の芝生補強材で設計採用した、メーカーの(株)ユニソンから、エクステリア&ガーデンフェア NAGOYA 2018 の開催告知のDMが届きました。略してE&Gフェア
4月27(土)・28日(日)に開催。名古屋の金城ふ頭の、レゴランドジャパンのすぐ南にある、ポートメッセなごや。無料。
ユニソンの名古屋ショールームに行ったことがあります。
名駅の名古屋国際センター(高さが100mを超える超高層ビルは、中京地区で初。1984年築)の近くです。
中村区名駅5丁目5番22号 名駅DHビル1階
このビルは、私が独立前に在籍した、名古屋の青島設計の同期が設計しました。
私も、名駅の超高層ビルの名古屋ルーセントタワー近くに、制振構造の某本社オフィスビルを設計したことがあります。タワーパーキング併設。

女優の工藤夕貴さんがトークショーをします。
自然農法に取り組み、オーガニックレストランを経営しており、「農業と食と健康」をテーマに講演を全国で行っています。
屋台グルメや楽しいイベントがたくさんあります。

(株)ユニソンの紹介。豊田市が発祥地で、いまや全国トップメーカーです。
1962年 豊田市若林町にて高岡ブロック工業所として創業。ユニソンの歴史
普段から、化粧ブロックや舗装材、郵便受けポストや表札などをよく設計採用しています。
うちの事務所にも、ユニソンからもらったサンプルがいくつかあります。
郵便受けポストは、宅配業界の深刻な再配達問題(人手不足、超過勤務等労働環境悪化、サービス悪化)が、社会問題となり、注目を集めています。
大型サイズをおすすめします。できれば、アマゾンがよく送ってくる箱が入るサイズ。
宅配便ポストも設置したことがあります。留守がちで贈り物等が多い家では、とても便利だと思います。

エクステリア&ガーデンフェアは、毎年開催されていて、2015年に行ったことがあります。
以下はその時の写真です。
駐車場等に緑化できる、緑化舗装材のユニソンのLivio(リビオ)。
 過去ブログでとりあげた、雨水流出抑制の一つの方法で、地中へ雨水浸透できます。緑化率67%になります。

部材は、このようになっています。これを並べます。

過去ブログで設計事例紹介した、雨水タンク。ユニソン製レインストッカー
設計採用したのはこれとは違う、タキロンCI製のものです。

過去ブログで設計事例紹介した、固まる土舗装。
 雨水浸透、防草、照り返し対策、ヒートアイランド対策になります。
こちらは松井文ショウ堂の防草マサシリーズです。採用したのは、これとは違う、瀬戸の固まる土などです。

他にも多数のメーカーが出展しています。

次回に続く。(株)ユニソンの考えるパッシブデザイン(自然エネルギー利用のエコ住宅)