Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

「暮らせる蔵」の点検

およそ5ヶ月ぶりに、阿久比町の「暮らせる蔵」へ。
白竹建設さんと、自然塗料メーカーのプラネットジャパンさんと一緒に、点検に行きました。

ポーチでは、奥様が自作したという、しめ縄に出迎えられました。
引越しされた直後に、登記のお手伝いのために、一度お邪魔したことがありましたが、当時はまだ、室内が整わない状態でした。
今日は、すっかり、生活感がにじみ出て、また、飾り棚などに自作の作品などを飾ってあり、個性あふれる「M様の家」になっていました。
以前からお使いの、味わいのある家具ともインテリアが調和していました。

まずは、フローリングのメンテナンスをしたとのことで、見させてもらいました。
無垢の長野県産唐松を使っているのですが、針葉樹は、広葉樹に比べて、比較的やわらかいので、傷が多少付いていました。
そこを自分で、元のドイツ製自然塗料プラネットカラーを塗って直されたとのことで、その様子を見ました。
塗り方や、メンテナンスの方法を直接、プラネットジャパンさんから説明してもらいました。
自分でメンテナンスできるのが、自然塗料のいいところです。
一通り、家の中を点検させてもらい、いくつか、直す必要のものもありましたので、後日、アポイントをとって、直しに来ることになりました。