Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

窯業系サイディングの講習会出席 その1

もう半月ほど前の話ですが、愛知建築士会岡崎支部の主催による講習会に出席しました。

会場は東岡崎駅に近い、カーザミカワという住宅部材販売会社の会議室で行われました。
内容は、業界最大手メーカー、ニチハ(株)の講師による、窯業系サイディングについてです。
窯業系サイディングとは何か、ここで説明しておきます。
今や、全国の木造住宅の外壁の7割には、この材料が使われています。
みなさんが、新築された家でよく見かける、タイル調やレンガ調、塗り壁調、木目調などの外壁は、これです。
セメントなどを基材に、繊維系原料によって補強し、硬化されたものをいいます。
インクジェット方式など印刷技術の向上によって、ぱっと見は、本物と間違えるほど精巧な柄も。
しかし、窯業系サイディングを使うなら、私は、タイル調やレンガ調、塗り壁調、木目調などのイミテーションは、使いたくありません。
まず、人をだましているようで、気持ちよくないからです。
また、イミテーションのもととなるタイルやレンガ、塗り壁、木は全て自然材料です。
それら自然材料に備わっている、経年による味わいを増すという特徴がなく、窯業系サイディングは出来たときが一番で、あとはただ、汚れていくだけです。(汚れにくくするマイクロガードなどの塗装もありますが)
窯業系サイディングは塗装印刷なので、いずれ、メンテナンスで塗り替えの時期がきます。
紫外線劣化で色があせるとともに、セメント基材へ雨水が浸透しやすくなってくるのです。
これは化学系塗装の宿命です。
講師の説明では、10年~15年(後者はハイパーコートという高耐久塗装の場合)ごとに、表面にクリア(透明)塗装をしてくださいとのことでした。
ニチハのハイパーコートは塗膜10年保証です。
旭トステム外装(株)は昨年業界で初めて塗膜15年保証の製品を出しました。(高いし、わずかな柄限定)
私達は、クリア塗装によるメンテナンスには疑問を持っています。
クリア塗装の下にある塗装自体、色があせてくるので、クリアだけでは、きれいに元のようには復元しないはずです。
さらに2回目、3回目の塗装をやる頃には、元の塗装はどうなっているでしょうか。
クリアではなく、着色塗装で塗り替えようとしても、タイル調などの目地まで、現場で塗り分けることはできず、元には戻らないのです。
次回に続く。

「月刊建築ジャーナル」掲載依頼

先週金曜日のことですが、「月刊建築ジャーナル」という建築雑誌の発行元である、建築ジャーナルという会社の方とお会いして、雑誌掲載依頼を受けました。

この雑誌は、以前から知っていました。編集方針に強いポリシーのある信頼のできる会社だと思います。
名古屋を発祥とする30年の歴史ある会社です。
現在では、東京をメインに名古屋、大阪の三大都市圏を拠点にして、全国で雑誌や建築関連書籍を発行しています。
私もこの会社の発行する本を持っています。
「信頼できる工務店103」、「住宅は信用で買ってはいけない ハウスメーカー77 個別診断」

前者は、全国の建築家推薦の工務店を紹介した本であり、後者は、全国のハウスメーカー77社から得られたアンケートをもとに、いろんな視点から批評しており、他社にはない本だと思います。
今回の依頼は、「雑誌に広告を出しませんか」というものではなく、「月刊建築ジャーナルで、毎月2つの設計事務所を、最低4ページずつ特集しているので、それに掲載しませんか」というものでした。
しかも、掲載料はいらないというのです。
数ある設計事務所の中から、私達を選んでくださって、光栄なことだと思います。
事務所をPRできる魅力的な話でありましたが、最終的には、今すぐの掲載はご遠慮させていただきました。
それは、月刊建築ジャーナルは、どちらかというと、一般の住宅を建てる方達よりも、私達、設計事務所が読む雑誌というイメージなので、PR効果が薄いかなという印象であること。
入手できる書店が限られており、特に西三河で買える書店がないことがネックでした。
また、雑誌広告主になってくれそうな工務店やメーカーなどの会社を紹介するという条件も・・・。
先方は、今回は無理でも、また、時期をみてご連絡しますとのことでした。

「(仮称)豊田の家」 打合せ

昨日の夕方、計画中の「(仮称)豊田の家」のN様がいらっしゃいました。
なんでも、土曜日の打合せが、時間がなくって、十分こちらの意図が伝えられていなんじゃないかという思いがあったからだそうです。
測量図や図面が一切なかったので、思いのほか、調査に時間がかかり、打合せ時間が短くなってしまい(といっても2時間ですが)申し訳なく思います。
今回の計画では、解体するハナレに部屋のあるおばあ様の部屋をどうするか、など家族関係を整理して、母屋の部屋割り見直しとも一緒に考える必要があります。
打合せをして、そこが明確にできてよかったです。
また、古い町ですので、地域柄、「母屋より高い建物を建ててはいけない」という暗黙のルールがあるとのことです。
母屋は平屋+小屋裏部屋であり、新しいハナレは2階建てです。
これは、普通の建てかたをしていては、クリアできません。
以下の手法を説明しました。
 1. 階高(1階床から2階床までの高さ)を抑えるために、天井を張らない
 2. 屋根勾配を緩くするために、瓦やカラーベストは葺けないので、金属板葺き
 3. 1階床を地面に近づける
「今、建っているハナレがスキップフロアのある2階建てなので、これより大きくしなければいいんじゃないか」との思いもあり、悩まれているようでした。
建築基準法より厳しいです・・・。

1 911 912 913 914 915 1,013