Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

建築士会講習会 「ひびわれのおきにくいモルタル壁」

昨夜は、愛知建築士会岡崎支部の主催の講習会が市民会館で行われ、出席してきました。
2つの建築材料についてで、各々のメーカー2社からの講習を受けました。

まず前半は、「ひびわれのおきにくいモルタル壁」についてです。
モルタルとは、セメントと水を混ぜたもので、現場で左官職人によって金コテで塗られる材料です。
タイル調などの窯業系の外壁サイディングに飽きてきた方たちに、人気のある、ジョリパットなどの弾性系の吹付材や塗料などの仕上の下地としてモルタルを塗ります。
目地のない大きな面を、左官工事で作ることができます。
竣工した「暮らせる蔵」の2階北面もモルタル壁下地です。
愛知県では、外壁仕上げといえば、圧倒的に窯業系の外壁サイディングが多いです。
過去の建築士会の講習会ではメーカーのニチハが講習をしてくれました。その時のブログはこちら その1 その2
(株)ノダの方が講師となり、「ラスカットパネルM」というモルタル下地耐力面材について説明を受けました。
従来のモルタル壁は、知っている人も少ないと思いますので、ちょっと説明します。
まず、木摺りと呼ばれる木の板を横にすきまを少し空けながら、構造体の外側全面に張っていきます。
その上にラス網と呼ばれる金網を固定し、モルタルを下塗り、乾いたら上塗りを行っていました。
その欠点として、工期やコストがかかる、ひび割れしやすい、重い、外壁通気工法としにくいので構造が腐食、地震時に落下するという問題があり、それに替わる材料として、窯業系サイディングがシェアを伸ばしていったのです。
阪神大震災などの映像で、古いモルタル壁が落ちてしまい、木摺りがむき出しになった光景を見た人もいると思います。
従来品として、モルタル壁を合理化させようと30数年前から販売されている、構造用合板を基材とした「ラスカットパネル」があったのですが、それを進化させたのが、今回紹介をしていただいた「ラスカットパネルM」です。

基材はMDFと呼ばれる木材を粉砕したものを圧縮接着した材料です。
それに防水処理をした上にモルタルのくいつきをよくするために、凸凹のセメント層があります。

工期短縮し、コストを抑えられます。
軽量モルタルを薄い厚さで施工することができるため、軽量化され、地震に対し有利です。
湿気を通しやすい材なので、外壁通気工法にしやすいです。
筋交い代わりの耐力面材になり、地震時にモルタル層が落下しにくくなっています。
他にもいろんなメリットがあります。
いい材料だなと思ったので、今後詳細にメーカーの営業マンに聞いたりして理解を深めたいと思いました。
次回ブログは、2つめに紹介していただいた「おもしろい使い方のできる半透明素材」です。

「ツカズハナレズのHANARE」の着工前打合せ

今朝は、9月に着工する「ツカズハナレズのHANARE」の施工をしていただく、サンモク工業の監督さんと事務所で打合せをしました。
1週間前にも打合せしました。
前回は、基礎施工図といって、鉄筋コンクリートで造られる基礎の平面形状、断面形状を書いた図面を持っていらして、打合せをしました。
今回は、基礎施工図をチェックしたので、チェック結果を打合せしながら、一部修正を加えました。
敷地の南北に高低差があり、これを生かして、1階に2つの床レベルを持つ家なので、基礎がとても複雑です。
基礎の模型かパース(完成予想図)で立体的に把握したいくらいです。
また、工程表も持ってきてもらいました。こちらも打合せしながら、一部修正を加えました。
新築ですが、敷地内に既設が2棟建っており、既設建物からの排水のやりかえや、アプローチの先行工事など、更地に新築するよりも難しい要素がいろいろあります。

「応急危険度判定士」更新講習会

私は、一級建築士の他に「応急危険度判定士」という資格も持っています。
これは、地震が起きた時に、自治体などの要請により、被災地へ赴き、建物の被害状況を判断することができるという資格です。建築士でないと、この資格は取れません。
過去のブログでも紹介しています。
地震により被災した建物が、その後の余震等による倒壊の危険性や部分的な落下や転倒の危険性をできるだけすみやかに判定し、情報提供することによって、人命などの二次災害を防ぐことが目的です。
県の職員なども有資格者がいますが、私たちのような民間人にも有資格者がおり、ボランティアで活動します。

月曜日に岡崎の西三河総合庁舎10階の大きな会議室で更新講習会があったので、行ってきました。
取得して5年ごとの更新が必要なのです。
この制度自体始まって15年経ちますが、愛知県では、大きな地震がなく、「応急危険度判定」は一度も行われたことがないそうです。
県職員などは中越沖地震などへ派遣され、判定業務を行った実績があるそうです。
先日の静岡の地震の時は、被害が軽微だったので、、「応急危険度判定」は行われなかったそうです。
被害状況に応じて3種の色紙を、建物の見やすいところに張ります。
赤は「危険」   建物に入ることはもちろん、近づくことも避けたほうがいいです。
黄は「要注意」  建物に入るには十分な注意が必要です。
緑は「調査済」  被災程度が小さいので使用可能です。

木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造と構造に応じて、判断基準が異なるので、講習会の中でテキストを使いながら再度、学びました。
全部で3時間半の講習があり、休憩をはさみながら、3人の講師の方から、講義を受けました。
最後の方は、地震研究をされている名古屋大学の山岡教授でした。
東京大学の地震研究所にも在籍したことがあるそうです。
「日本沈没」という最近の映画の科学監修をされたそうで、映画にもちょっと写ったそうです。
地震そのものについての講義であり、震度とは何か、マグニチュードとは何かなど、断層など非常に分かりやすかったです。
インターネットで地震予測や地盤の強弱、活断層が分かるサイト「地震ハザードステーション」を教えていただきました。
自分が住んでいる地域名を入力して、ピンポイントで分かります。地震調査研究推進本部が作成しています。
一度、ごらんください。

この会場は最上階にあり、街の眺めがすばらしかったです。
写真は岡崎城と乙川
 

1 911 912 913 914 915 1,072