Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

「南欧モダンの白い家」の減額設計打合せ

昨日は、豊橋の「南欧モダンの白い家」のU様とほぼ2ヶ月ぶりの打合せをしました。
途中、何回かFAXやメールのやりとりはしていました。
しかし、会って打合せしたほうが、早いし、理解も深まると思います。
年末に一度、実施設計が完了していたのですが、「今、見積もりすると高いぞ」との声があり(確かに当時は原油価格高騰による建材価格が上がっていました)、4ヶ月見積もり依頼するのをストップしていました。
建設物価が下がってきた4月になり、さあ見積もり依頼しましょうかという段になったので、連絡しました。
ところが、予算を減らしたいとの話が出てきて、設計を見直すことになったのです。
そこで、まずは建物面積を小さくするのが、一番コストダウンに有効なので、1,2階を少し小さくした上で、仕上げ材や設備などを見直しする打合せを繰り返して、図面を直し、やっとここまできました。
しかし、昨日の打合せで、1階だけはどうしても、狭くしたくないとおっしゃるので、困ってしまいました。
また、U様ご家族の周囲から「概算の想定坪単価が高いぞ」という声が出ていて、ご本人たちもうまく説明できないでおりましたので、なぜ、普通の家より坪単価が高いのか説明するために、資料が必要と思い、作成しました。
それは、構造体、断熱、内外装、設備など多項目にわたって、普通の家との仕様の違いを比較表にしたもので、ひとつずつ説明をしていきました。
設計しているこの家は、ほとんどの仕様が普通の家とは違うのです。
昨日は、たまたま、お子様のめんどうを見るために来ていらした、ご両親が登場。
今までも、たびたび、設計に対するご両親の意見を奥様経由で聞いており、減額にならず逆に増額になってしまうような項目もあったのですが、なるべく採用するなどしてきました。
一緒に住むのではないですが、隣に住むことになるので、何かと気になっていたのでしょう。
ご本人たちの家も30年前に設計事務所で設計したモダンな家なので、家づくりが好きということもあると思います。
お父様も一緒に打合せに参加することになり、1階は減らさないですむことになりました。
その他のお父様のご要望も、一緒に打合せをして、一挙に進み、やっとプランがまとまりました。

「(仮称)名古屋の家」の敷地調査報告

昨日は、名古屋へ、「(仮称)名古屋の家」のD様と打合せ。
先日、敷地調査したレベル測量の結果や、浸水被害や予測を説明しました。
南道路と敷地は50cmのレベル差があることから、盛土はそれ以上行わないことになりました。
道路が狭く斜線制限という建築形態への規制が厳しいという理由もあります。
盛土を行うとその分建物高さが道路から上がってしまうからです。
風向きの調査結果も報告し、夏とそれ以外の季節で吹く風の向きが逆になるので、2つの風の流れを各階の平面図内でどう風が流れるかシュミレーションした図を見せて説明しました。
基本的に名古屋では南北に風が流れるので、南と北の窓が重要です。
できれば部屋の南と北に2つ以上の窓をそれぞれに設けることができるのが理想的です。
対角線上に窓を対面することができれば、より、風による換気が有効になります。
2階で北側廊下で、南に部屋を配置するのはよくあるパターンですが、その場合でも、引き戸やランマを採用するなどして、部屋に入った風が廊下経由して、北側へ抜けられるようにすることをいつも考えています。

モリコロパーク(万博記念公園)の万博イベント

愛知万博が終わってもうすぐ4年になりますね。
私は万博が大好きだったので、5回行き、最後に行った日は徹夜で並んだほどです。

8月31日まで、長久手町のモリコロパーク(万博記念公園)及び長久手文化の家で、万博関連イベントがあります。ぜひ行きたいと思っています。
モリコロパークでは、EXPO×EXPOS(エキスポのエキスポ)と題して、「国際博覧会のあゆみ、そしてこれから」という内容のイベントが行われています。
これは、世界各国で行われた万博を紹介する、国際巡回展であり、2008年2月にイタリアのミラノでスタートした後、ヨーロッパ各都市を廻ってきて、モリコロパークで開催するものであり、その後は、大阪の万博記念公園でも開催されます。

また、長久手文化の家(リニモのなはみずき通駅近く)では、「愛知・大阪 二大博覧会と日本の博覧会展」が行われています。
長久手文化の家のホームページはこちら。なぜか、イベントの告知が掲載されていませんが、やっています。
2つの会場をリニモで廻ると記念ピンバッジがもらえるという特典もありますよ。
万博が好きな方はぜひ!

1 913 914 915 916 917 1,073