Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

一宮の方から土地資料などのFAXが届きました

昨日のブログで書いたように、一宮の方から二世帯住宅を建てたいとメールがあり、今日、土地形状やご要望を書かれたFAXが届きました。
購入予定敷地は「市街化調整区域」でした。
その名前の通り、郊外に指定され、市街化を抑制すべきとして、一般に建物を建てることが難しい地域です。農家の分家などの理由が必要となり、さらに、建物を建てるのに必要な確認申請という申請の前に、この許可申請をしなくてはいけません。
不動産屋さんにこの土地で必ず家が建てられるか確認し、契約書にも記載してもらうようアドバイスしました。
その他、長文になりましたが、いろんな注意やアドバイスをメールでさせていただきました。

お問い合わせが2件もありました

今朝、西尾市役所の建築課へ行きました。矢作川堤防道路を通ると、信号がないし眺めがいいので、天気がいいとさらに気持ちいいです。飛ばしすぎにご注意を。

途中、新幹線のガード下もくぐるのですが、今朝は偶然、お気に入りの青い500系新幹線が通りました。300系や700系はよく見るのですが、500系は走る本数が少なく、久しぶりに見たのです。なんとか系とか言われてもピンとこないかもしれませんが、新幹線が好きな子供の影響で覚えました。

ちなみに、独立前に、東京にいた頃や名古屋に帰ってからも、東京で単身赴任を3ヶ月していたことがあり、毎週新幹線に乗るということもありました。
偶然、昨夜NHK総合TVで熱中時間という番組で新幹線写真を趣味にしている方を取り上げており、500系は朝夕のみで、かつ走る本数が少ないと言っていたので、うれしくなり、今日は何かいいことあるかなと思いました。
さて、市役所に着いて、しばらくすると携帯電話に事務所からの転送電話があり、出ると、蒲郡に住む方で、「HPを見た。健康住宅を建てたい。」とのことでした。HP開設して以来、初めての連絡であり、とてもうれしかったです。
さっそく打合せ日時を夕方ご主人様帰宅後に調整しましょうと電話を切りました。
まだ設計依頼されたわけではないですが、事務所にうきうきして帰ると、「お問い合わせメール」があり、さっきの方かなと思ったら、別の一宮の方でした。この方も、、「HPを見た。二世帯住宅を建てたい。」とのことでした。取り急ぎ御礼と資料をFAXしていただくよう、メールを送りました。
幸せの青い500系新幹線!ありがとう!

3次元CADの無料訪問サービスを受けました

KANO空感設計では、3次元CADも使っています。
(株)シーピーユーというソフト会社のMADRIC AD-1というソフトです。

間取り図から、簡単にパース(完成予想図)が作れたり、平面詳細図や立面図や断面図、構造図など様々な図面を自動作図してくれる、すごいソフトです。
また、耐震チェック、家相チェックや通風、日照・日影のシュミレーションもできます。
最近導入したので、まだ完全に使いこなせているわけではないのですが・・・
(導入前は違う3次元ソフトを使ってパース作成をしていました)
今日は、(株)シーピーユーから、4ヶ月に1度、無料訪問サービスしてくれる日でした。
普段、操作方法について、疑問に思っていることを、箇条書きにしておいたので、効率よく、質問し、その場ですぐに教えていただくことができました。
電話やメールサポートも当然、受けられるのですが、こうして、ダイレクトに教えていただけるのは助かります。

1 912 913 914 915 916 919