Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

NHK朝ドラマ「半分、青い。」 展見学3・ドラマOPのようなガラスの絵・メッセージコーナー

前回ブログの続きです。
NHK朝ドラマ「半分、青い。」 展の開催されている美濃加茂市民ミュージアムの大きなエントランスホールの南窓に、メッセージコーナーがありました。
ドラマのOP(オープニングシーン)と同じように、ガラスに絵が描かれており、絵と風景を楽しんだり、下の説明のように楽しい写真が撮れます。

右下のカニサイは、古代に、このあたりにかつて生きていた動物です。常設展示室で大きなモデルを見ました。

ドラマにでてきた、神様

「脚本家・北川悦吏子さんへメッセージを送ろう」というコーナーがあり、いろんな形や色の紙が選べました。
 

オレンジの花の形のものにメッセージを書いて、ガラスに張ってきました。


美濃加茂市民ミュージアムは、みのかも文化の森という大きな森のような公園内にあり、他にも「まゆの家」など移築古民家など多数の建物があります。
ミュージアムの企画展示や常設展示を見た後、展望タワーに上りました。
小高い丘にあるので、360度周囲を眺めることができます。
「研修棟」、「まゆの家」、「民具展示館」、「宿泊棟」などを見学しました。
美濃加茂市はかつて、絹を作る生糸の一大産地でした。それらの展示が多数ありました。
野外彫刻も多く、楽しめます。

その後、東海環状自動車道の美濃加茂インター近くの、ぎふ清流里山公園へ行きました。
2018年4月に、日本昭和村がリニューアルオープンしたのです。
なんと、入場無料になりました。
日本昭和村は以前、家族や両親と行ったことがあります。
古きよき、懐かしい昭和を体験できる建物や温泉などの施設がたくさんあります。
「かいこ館」には、生糸を作るかいこなどの展示資料がたくさんありました。
  閉館時間の6時になってしまったので、帰りましたが、全部はとてもまわりきれず、また来たいと思います。
行った時はエントランス前に巨大な遊具を作っているところでした。
ホテルができるそうです。
美濃加茂に新ホテル開業へ 里山公園駐車場内 Yahoo!ニュース 2018年6月6日

美濃加茂市には旧中山道太田宿や、巨大な古井(こび)の天狗像など、見どころがたくさんあるので、また、行きたいです。
次回に続く。NHK朝ドラマ「半分、青い。」展 ふくろう町のロケ地・恵那市岩村町で開催中