Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

茶道和室の設計事例1 「回廊の家/岡崎」 炉、炉畳、炉釜吊、水屋、中庭、つくばい、外縁

茶道和室を設計したことがあります。
回廊の家/岡崎」と「通る家/岡崎」です。「愛・好・家/豊川」計画も。
茶道ができるためには、単に和室を設ければいいというものではありません。
茶道の流派にもよって異なりますが、様々な決まり事があります。
一般的には、床の間が必要です。
亭主(男性に限らず、もてなす人)と客の動線が重要です。
各々の入る位置、座る位置、床の間の位置、の敷き方、水屋の位置などが決まっているし、和庭との位置関係も重要です。
各々の家の庭には、蹲(つくばい)を設けました。
客が茶会が始まるまで座って待つ、待合の代わりとなる外縁(ウッドデッキ)を設けました。

回廊の家/岡崎」では、和室に300角程度のを切って、直上の天井に炉釜吊(金属製のフック)を設置しました。
 炉は、炉畳をかぶせれば、普通の和室として使えます。

写真中央右寄りにあるのが炉畳で、上部の天井に炉釜吊があります。
畳はへり付1帖サイズ。天井は杉板目透し張り。
右の床の間には、掛け軸や花器などを掛ける各種もあります。
正面左は、仏間です。4枚折戸でフルオープンにできます。
正面右は、上部の左半分が神棚で、右半分は収納です。
神棚は、引違襖を閉めて、隠すこともできます。
神棚が低い位置にあると、お供えの際に、安全・楽で、お祈りしやすいです。
下部は押入。

和室の左側は広縁です。1間幅の広い縁側です。
 上げ下げ雪見障子で仕切ることができ、広縁の向こうに広がる、一番大きな和庭の中庭1が眺められます。
この家には5つの和の中庭があります。
広縁から、沓脱石を経て、つくばいまで行けます。
 

夕景。沓脱石から、リビング南の外縁(ウッドデッキ)に行けます。待合の代わりとなります。

床の間の脇には、上げ下げ障子付の窓があります。

窓の外には中庭3があり、和庭を眺められます。

夜景。ライトアップ

和室の炉檀

炉蓋を閉めたところ

炉畳を伏せたところ

本イグサ畳敷きの床の間。
床框の手前のスリットは、床下冷暖房の吹出口であり、和室の四周にぐるりとまわしてあります。
床下冷暖房CCFスタイルにより、茶道和室に不似合なエアコンの存在感を消しています。
壁は自然素材のシラス(マグマセラミックス)塗り壁です。高千穂製の中霧島壁ライト
味わい深く、吸放湿性、消臭、空気清浄化、シックハウス対策となる有害揮発性化学物質吸着など様々な効果があります。

床の間上部の軸釘。掛け軸を飾ります。

床の間正面の無双釘(平沈)は引出式になっています。

奥へ押し込んで、しまった時。

床の間の入隅の柳釘

床柱の花釘

 和室の脇の広縁の突き当りに、水屋を設けました。

天袋の引違襖と、物入の片開き襖とその直下のケンドン式の杉板戸をあけたところ。

各々2枚ずつの隅棚(上)と通し棚(下)

流しまわり。壁水栓を和の風情のある茶系にしました。腰壁は杉羽目板張りの自然塗装。
二方の見切に掛け用の竹釘を打ちました。

竹すのこをあけたところ。銅板張りの水皿。

物入の最下段はケンドン式の杉板戸です。外した戸。上下に手掛け。

水屋全体を引違襖で隠せます。

水屋を全面オープンにして使う時は2枚とも外します。
水屋脇に、外した、2枚の襖をおさめるすきまがあります。

蓋があり、閉めると、襖が見えなくなります。

次回に続く。茶道和室の設計事例2 「通る家/岡崎」 2つの茶道和室、和庭、つくばい、外縁