Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

デンマーク生まれのレゴ以外の優れた国産ブロック LaQ・ダイヤブロック・ニューブロック

前回ブログの続きです。
レゴランド・ジャパンに、うちの子供たちに、行ってみようよと誘ってみたことがありますが、下の子も中学生となり、大きくなったので、興味がないようです。
レゴはデンマーク生まれです。
レゴランド会社側の想定する対象年齢は12歳までですが、本人が楽しめれば、何歳だって関係ないと思います。
以前、安城のデンパークに行った時に、レゴのコーナーがあったなあ。そこで子供たちが遊んだ覚えがあります。
南知多ビーチランド内のおもちゃ王国にも、ブロックがあったなあと思い、調べてみたら、レゴに似た、国産のダイヤブロックでした。
ダイヤブロックの歴史 を見ると、元は1960年代の鉛筆のキャップ製造が発想の元になっています。
 
自分自身は子供の頃はレゴのブロック(もしかして、ダイヤブロックかも)でも遊びましたが、大好きだったのは、ソフト塩ビ製の学研のニューブロックです。
子供たちにも買ってあげました。
自由に自分の考えた通りに、物を創造できるという、現在の設計という仕事を選んだきっかけに少なからず、深層心理に影響を与えているかもしれません。

レゴも買ってあげましたが、うちの子たちは、平面状のパーツを立体的に組み立てる、LaQ(ラキュー)という組立パズルブロックが大好きでした。
創った「作品」をばらしたくないよう!と、じいちゃんにおねだりして、たくさん買ってもらっていました。
↓ うちの子たちが作った「作品」。
上のは上の子が作ったもので色がバラバラ。下のは下の子が作ったもので色分けがちゃんとされています。
まるで正反対な性格がはっきり、あわわれていますw


レゴはブロック側面への接続がしにくいのに比べ、ラキューは創作自由度が高く、球体も作れる、知育ブロックとして、日本製の優れたおもちゃだと思います。
指先を使うことは、知能の発達にいい影響を与え、子供だけでなく、介護施設でも使われているそうです。
LaQの歴史を見ると、1994 年に発売開始したものの、相当販売に苦戦し、本屋に置いてもらったところ販路拡大につながったそうです。
LaQ殿堂を見ると、こんな形にもできるのか!とすごい作品がたくさんあります。
コンテストも開催されています。ジュニア部門と一般部門があります。
単なるおもちゃの域を超えているものもあり、大人も、やってみたらはまりそうです。
LaQとは を見ると、基本7種のパーツだけで、他にはわずかなスペシャルパーツがあるだけです。
レゴは特殊なパーツ(LaQでいうスペシャルパーツ)や人形が多いのではないかと思います。
特殊なパーツもパッケージ化された、シリーズ(例:レゴニンジャシリーズ)を買わないと、組み立てられないようにして、販売数を増やす戦略なのかなと。商売上手に思えますが、果たして、想像力をより高めるのはどちらなのかと思います。
シリーズ物は、プラモデルにより近づいていくような気がするんです。

プラモデルが創造性がないと言っているわけでありません。
自分が子供の頃はいわゆる「ガンプラブーム」で、特に、ガンダム等のロボットアニメ系のプラモデルを造るのが大好きでした。
他にも、車やバイク、船、戦車などいろいろ。
そのうち、ただ単に造るだけでは飽き足らず、ホビージャパンという模型雑誌
を参考に、自分でたくさんのプラカラーを買ってきて、色を塗ったり、パテを盛ったり、戦闘シーンを再現したジオラマを造ったり。
子供の頃はよく、アニメロボット系アニメで好きだったのが、ガンダムの他は、ダンバイン、マクロス、オーガス、ボトムズなど数え切れず。
今思えば、ブロック好きなのが影響し、プラモデルにはまったのかもしれません。
ゲームも大好きでしたが、ゲーム&ウォッチから始めた、ファミコン世代ですので、パソコンは当然普及しておらず、自分でゲームを創るという発想がありませんでした。
高校生になって、友人がパソコンで自作ゲームを創っていると聞いてびっくりした覚えがあります。
次回に続く。西尾市の天野ゲーム博物館に行きました。

 
   

2018.04.12「時事,ファミリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加