Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

南海トラフによる地震の確率が80%に上がりました

毎年、1年をめどに更新している地震予測の確率が上昇し、東海地方に大きな被害をもたらす、南海トラフによる地震の確率が80%に上がりました。
想定した次の地震が起こらない限り、年数経過とともに地震発生確率値は増加します。

南海トラフでは、マグニチュード(M)8~9クラスの地震が30年以内に発生する確率が「70~80%」に引き上げられたのです。 昨年は70%でした。
また、今後10年以内に起きる確率は、「20~30%」だったのが30%に上がりました。
今後20年以内に起きる確率は、50%です。
ちなみに、今後40年以内に起きる確率は、80~90%です。
今後50年以内に起きる確率は、90%程度以上です。
今後100年以内に起きる確率は、90%以上です。

なので、家を今、新築で建てた場合は、建物が建っている(=建物の寿命を迎えるまで)間には、ほぼ確実に、大地震が起きると思っておく必要があります。
既存の住宅は、古い家ほど、耐震改修か、建て替えが必要です。
耐震基準が大きく変わった、昭和56年(1981年)以前の家は特に。
それ以降でも、平成12年(2000年)にも耐震基準が大きく変わりましたので、その家も耐震改修が必要になる可能性が高いです。
平成12年以降だから、安心というわけでもなく、実際、熊本地震では、新築の家の倒壊が多くありました。
建築基準法の求める耐震基準通りだけでは、だめです。
それは、家が倒壊せず、人命が助かる時間をかせぐだけの最低限の基準だからです。
建物の傾きや損傷は許容されている基準です。
もっと耐震性を高めた耐震設計や制震設計(地震の揺れを半分程度に抑える)にしておかないと、余震や数度襲ってくる巨大地震に耐えられません。
南海トラフによる地震は、別々に発生する場合は、東海地震、東南海地震、南海地震の3回起きる可能性があります。
http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00154/00006/…

2018.02.14「構造・地震
  • このエントリーをはてなブックマークに追加