Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

液状化対策の地盤補強工法11 液状化対策工法の置換工法

前回のブログの続きです。前回までは、液状化現象と、その起こりやすい場所を説明してきました。
そして、地名から得られる情報、土地の情報の探し方、ハザードリンク集を掲載しました。
液状化現象が起きると、家の敷地だけでなく、周囲や道路も一緒に沈下することが多いです。
地盤補強工法には多くの種類があります。
木造住宅で世間一般によく採用される代表的な工法は、下図の3種です。

 
支持層と呼ばれる硬い地盤に杭状の工法(鋼管杭やコンクリート杭、木杭、柱状改良(セメントと土をまぜて杭状にする)等)によって、家を支える支持杭工法の場合は、液状化が起きた時に、自分の家自体は下がらないかもしれませんが、家の周囲や道路が下がってしまい、大きな段差ができたり、配管などが破断する可能性があります。
また、地盤の水平方向の揺れで、杭が地中で斜めに傾いたり、柱状改良の場合はせん断破断の可能性も考えられます。
それらを回避するための液状化対策の地盤補強工法があります。

置換工法として、スーパージオ工法 コロンブス工法があります。
いずれも、減震効果もあります。
いずれも、東日本大震災での安全性が確認されています。
置換工法とは、家の重さと同じだけ、土をとりのぞいて、他の改良体に置き換える工法の総称です。
家は、土を水に例えるなら、家は水に浮かぶ船のイメージです。

スーパージオ工法

地盤調査は5ポイント以上行うことを原則としていますが、点での調査ですし、土の中は予測が難しいです。
置換工法は、施工時に土の中が見える(土質や分布、地中埋設物の有無など)という安心があります。
液状化対策以外にも様々なメリットがあります。多くは共通するメリットです。
地震による杭傾斜対策、柱状改良体のせん断破断対策
地震の減震効果:地震による揺れを抑える
超軟弱地盤対策:土質による制限なし
杭基礎の代替:支持層が深い場合、工期、コスト高
摩擦杭の代替:土中の状態が目視できないので、不安がある場合
遺跡指定区域:掘削深さ制限
地中埋設物の障害対策
定期借地:現状回復義務
交通振動対策:電車や幹線道路沿いなど
機械振動対策:工場等の機械など
狭小地対策:大型重機搬入制限
土質悪質化対策
腐植土対策
土地資産減対策
早期造成盛土嵩上げ対策
擁壁(土留め)・崖地・切盛土の異種造成地対策
高地下水位対策

土質悪質化対策とは、土とセメントを混ぜる工法である、表層改良や柱状改良の場合、土とセメントが反応して、予期せず六価クロムという発がん性物質が発生することが、土質等によって起こりえます。そういう工法を使わないで済むことをさします。(採用する場合は、六価クロム低減型セメントをおすすめします)
腐植土対策は、土とセメントを混ぜる工法の場合、腐植土があった場合、うまく固まらない場合がありえます。
土地資産減対策とは、地中に将来撤去に過大な費用がかかる地盤補強を行わないで済むことをさします。

コロンブス工法の場合は、置換材に、発泡スチロールを使うので、断熱効果(基礎断熱の場合)、凍結対策もあります。
    
次回に続く