Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

豊川稲荷と砥鹿神社奥宮(三河一宮)に初詣 その2 豊川稲荷の歴史と建築物

前回のブログの続きで、豊川稲荷(妙厳寺)について。
前回は、「豊川稲荷はお寺なのになぜ稲荷で狐なのか」、書きました。

豊川稲荷は、全国の稲荷神社の総本宮である京都の伏見稲荷大社にあった、吒枳尼天(だきにてん)を勧請する愛染寺が、明治維新の廃仏毀釈や神仏分離で、廃寺になったため、代わりに、豊川稲荷が、全国の多数の寺院に、吒枳尼天を勧請する役割を担うようになりました。
それにより、お寺でありながら、全国に有名な、日本三大稲荷になったのです。
豊川稲荷は1441年に創建され、室町時代末期、三河領主の今川義元伽藍を整備した後、江戸元禄時代に現在地に移転しました。
三英傑の信長公、秀吉公、家康公の崇敬を集めました。
全国5つの別があり、北海道・東京都・神奈川県・大阪府・福岡県にあります。
東京赤阪の豊川稲荷は特に有名です。
三河武士(岡崎の西大平藩主)で、名奉行であり大名となった大岡越前守忠相が江戸屋敷内に勧請したのが始まりです。
東京に住んでた頃にも、知っていて、特に芸能人たちに人気があり、すごいなあと思っていました。
全国や世界じゅうから来られた方たちの千本幟。
遠い国内では北海道、海外では、フィリピンなどを見つけました。

↓大本殿に豐川吒枳尼眞天がお祀りされています。
明治時代に至り、有栖川宮家より「豐川閣」の大額が下賜され大本殿内部に掲揚されています。
当山を「豐川閣」と呼ぶのはこの因縁によるものです。

↓山門は、境内最古(1536年)で、戦国大名の今川義元の寄進によるものです。

↓景雲門(1858年)見事な彫刻です。

参拝を終え、駐車場近くに、戦没者供養塔を見つけました。

旧豊川海軍工廠の豊川空襲戦没者を供養しています。
自衛隊豊川駐屯地付近の広大な工場群は、かつて、日本有数の海軍兵器の一大生産拠点でしたが、終戦間近の8月7日に空襲を受け、2500名もの方々が亡くなりました。
冥福を祈りました。

この後、豊川市旧一宮町の砥鹿神社へ。
次回に続く。