Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

「大屋根中庭の家/岡崎」竣工写真 その5

3月に竣工し、オープンハウス(完成見学会)を開催した「大屋根中庭の家/岡崎」竣工写真 その5です。
大きな平屋のような、1階屋根が2階屋根までつながる「大屋根」と中庭コートハウスが特徴であるバリアフリー住宅です。

最後に、部分的に撮影した写真をお見せします。
無垢のナラのフローリングで自然塗装(ドイツ製オスモカラー)してあります。車いす使用を考え、傷つきにくい硬い木を選びました。素足で歩いて気持ちいいです。

ホール等の各所に設置した、ブラケット照明(壁付け型)は360度角度が変えられます。写真では上向きにして、シナ合板張り天井や梁を照らしあげて、あたたかみのある雰囲気をつくりだしています。
リビングや室2のブラケットライト(壁付け型)は、デンマークの建築家であり、デザイナーであるアルネ・ヤコブセンがデザインした照明器具(ヤコブセンランプ

こちらの室1のペンダントライト(吊り下げ型)もヤコブセンランプです。

基礎断熱とした、床下エアコンの家です。床下エアコンは、床下空間全面をあたためることにより、快適性が向上し、部屋間の温度差を解消し、心臓等へのヒートショックがおこりくくなります。窓際に設けた、吹出口から暖気が上がってきますし、窓からのコールドダウン(冷気降下)対策ともなっています。障子があることも断熱性を高めることにつながります。

吹抜の勾配天井に設置したシーリングファンは、軽くなって上にたまる暖気を下したり、夏は逆回転させて、上昇気流を創り出し、高窓や吹抜に面した2階の部屋の上げ下げ障子から風を抜きます。

階段手摺のディテールです。

以上です。