Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

「大屋根中庭の家/岡崎」竣工写真 その4

3月に竣工し、オープンハウス(完成見学会)を開催した「大屋根中庭の家/岡崎」竣工写真 その4です。
大きな平屋のような、1階屋根が2階屋根までつながる「大屋根」と中庭コートハウスが特徴であるバリアフリー住宅です。

1階の階高(1階床から2階床までの高さ)を2400mmとし、通常の家よりも約600くらい低くしています。
主な目的は2階への階段を短く、緩い勾配にするためです。
階高が低いと、軒が低くなり、大きな平屋のような大屋根(1階屋根が2階屋根までつながる)の外観プロポーションがよくなります。

2階は切妻屋根形状をそのまま見せて、登り梁や野地板あらわしの木の家らしさを感じるダイナミックな空間です。

隣の室4と襖で仕切れる室5。写真左奥にある上げ下げ障子とリビング吹抜がつながっています。
次回に続く。