Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

窓廻り製品のインテリアショップ グランデコール その2

昨日のブログの続きです。
ハンターダグラス社には、デュエットシェードというハニカム(蜂の巣)構造の製品があります。製品特徴
国産のセイキ総業のハニカムサーモスクリーンと同様に、空気層をつくりだすことによって断熱できるのです。
ハニカムサーモスクリーンは、「空縁の家/豊橋」で、より断熱効果を高めることのできる断熱レール付を採用しました。過去ブログ
セイキ総業のショールームを見学した時のブログ
ハニカムサーモスクリーンは空気層が横に並んだ2層になっていますが、デュエットシェードは1層のタイプと2層のタイプがあります。
断熱レール付はありません。

その代わり、↑外から見ると1層のハニカムで、内部に、もう1枚の生地が入っているタイプ↓があります。

さらに、この内部に入れる生地を、ギンギラの遮光にしたタイプもあります。↓