Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

「自作自然の家/岡崎」 現場見学

「自作自然の家/岡崎」の現場へ。
お施主様であり、大工さんである中嶋さん(中嶋さんの家づくりブログはこちら)の了解を得て、ちょっとした見学会を行いました。(見学希望の方は中嶋様か私に連絡くだされば、ご案内します)
設計中の「元氣の家/豊川」のお施主様に見ていただいたのです。

2つの家には、共通点が多いので、見ていただくことで、設計内容に対する理解が深まると思いました。
まだまだ、完成にはほど遠い状態ですが、かえって今しか見られないところをお見せすることができます。
無垢のヒノキの柱、土台
自然鉱物ホウ酸を使った健康防蟻防腐剤「モクボーペネザーブ」
基礎立ち上がりと土台との間の「気密パッキンロング」(床下冷暖房を行うため、外気が床下に入らないようにする)
1階の天井なしデザイン(構造用剛床がそのまま仕上げになります)
見栄えがよく間伐材利用になる「ヒノキ構造用合板」
2階剛床上の電気配線(1階に天井がないため2階の剛床上に配線)
破風板や軒天の杉板「ウッドロングエコ」塗装
杉三層パネル(Jパネル)を床・天井兼用で使ったロフト
耐震構造となる耐力面材「モイスTM」
制震構造となる「制震テープ」
省エネになる遮熱透湿防水シート「遮熱エアテックス」
軽量で地震に有利な「遮熱ガルバリウム鋼板屋根」
横すべり出しスリット窓の「YKK AP製ウィンスター」
風をつかまえ、室内に風をとりこむ「縦すべり出し窓」
ツーバイフォー用部材を利用した背の高い垂木(屋根を支える構造材)
軒裏や屋根の通気を確保する「イーヴスベンツ
など
とても参考になったとおっしゃっていました。