Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

「ツカズハナレズのHANARE」 1年点検

「ツカズハナレズのHANARE」が昨年1月末に竣工し、3月末に引越しされてからは、1年経ったので、1年点検に工務店の監督さんと一緒に行ってきました。

メンテナンスが楽な自然塗料ウッドロングエコを塗った杉格子ですが、雨がよくかかる2階格子と、庇があって、雨がかかりにくい1階格子で、少し色が変わってきていましたが、いい味わいになってきています。
シルバーのガルバリウム鋼板の外壁はきれいなままです。
大きなロフトのような2階と1階が吹抜でつながった家ですが、特に、床暖房などの設備はありません。
今年の冬は寒かったので、どうでしたかと聞くと、エアコンだけで十分、暖かったそうです。
また、小さなファンヒーターを、掘りコタツ的に床が下がっているダイニングカウンターの下に設置していると、足元がぽかぽかして、ご飯を食べたり、くつろいでいる時も、快適だったそうです。
耐力面材による気密や、性能の高い断熱材や、外壁下地や屋根に張った遮熱シートなどが効いているのだろうと思います。

1階の杉の無垢フローリングは、蜜蝋ワックスを最近塗りなおしたそうで、きれいになっていました。
わんぱくざかりの小さなお子様が二人いるご家族なので、半年点検で来た時には、おもちゃなどで、床に傷がついていましたが、紙やすりで削って、塗り直したので、すっかり傷が目立ちにくくなっていました。
これはウレタン塗装の合板フローリングではできない、自然塗料と無垢の床材のいいところです。
ウレタン塗装の場合は、上塗りができず、いったん塗膜をはがさないといけないので、素人ではできませんが、自然塗料は重ね塗りができます。
木で造った造作キッチンもお手入れが行き届いていて、タモ材のカウンターやシナの扉材はきれいさを保っていました。