Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

住宅の省エネ快適パッシブデザイン「緑のカーテン(グリーンカーテン)」遮熱・採光・通風・気化熱温度低下・熱中症対策・熱帯夜対策・鑑賞・プライバシー対策・エコ・ヒートアイランド対策

前回ブログの続きです。
前回は、「西尾市役所・「緑のカーテン(グリーンカーテン)」パッションフルーツの葉で遮熱」

<住宅の「緑のカーテン(グリーンカーテン)」>
住宅で、夏の省エネともなるパッシブデザインとして、通風採光しながら、遮熱できる、つる性植物による「緑のカーテン(グリーンカーテン)」をお勧めします。
引違い窓などのような開閉できる窓(特に南、東、西)や外壁の外に、アサガオ、ゴーヤ、へちま、パッションフルーツなどのつる性植物を庭(地面)に植えるかプランターを置くなどした上で、ワイヤーかメッシュを上のほうまで張ると、成長して、つるがのびて、葉をしげらせます。
夏が終われば、葉が枯れる植物を選び、夏以外は日射取得や採光ができるようにします。
緑のカーテンに向いている植物 

<日射遮蔽>
きつい日差しや日射熱をさえぎります。
窓だけでなく、外壁に当たる日射熱も抑えることができるように、生やすことも重要です。
熱の原因となる赤外線の多くを反射するため、部屋の中の温度を低く保つことができます。

<採光>
外のまぶしさを抑え、薄い葉を透かして、やわらかい光も入ってきますので、室内が真っ暗にはなりません。
緑の葉が明るく見え、さわやかで、目にもやさしく、涼しげで、鑑賞用としても見栄えもいいです。

<自然とのつきあい>
自然を身近に感じて暮らせます。
お子様たちも含め、家族で種植えやネット張りから一緒に行うと、植物の成長を気に掛けたり、雑草をとったりするようになり、自然に親しむ心や自然愛護の心が育ちます。

<コミュニケーション>
みんなで花を見たり、収穫したゴーヤーなどの実を、一緒に料理したり、食べたりすると、コミュニケーション豊かになります。
近所や親族などへとれた実を、あげることもできます。

< 生きている植物の力>
葉から蒸発する水分が周りの温度を下げます。
生きている植物だからこそできることです。
温度が下がった風が、葉のすきまや脇から風が通ります。
これが、よしずやすだれとの大きな違いです。
これらは日射熱を蓄熱し、放熱し、それが熱伝導で室内に伝わってしまいます。
よしずのすきまを通る熱は上がってしまうので、窓を開けていれば、より熱い熱が入ってくることになります。

< 通風しながらプライバシー対策>
目隠し用のレースをオープンに開いていても、プライバシーを守りやすいです。
レースがあるよりも風が入りやすいです。

<熱中症対策・熱帯夜対策>
建物の外側で遮熱することにより、建物内に入る熱量を抑えて、エアコンの効きをよくしたり、熱中症対策熱帯夜対策となります。
 
<ヒートアイランド現象対策>
夏は、各家庭などでエアコンをたくさん使うので、室外機から温風が出るし、都市部では、建物やアスファルトなど舗装面が多いので、まちじゅうが暑くなる、ヒートアイランド現象になりやすいです。
そうなると、暑いから、エアコンをさらに使うし、設定温度も低くしたくなってしまい、ますます、ヒートアイランド現象になるという悪循環になってしまいます。
夜間は、建物や舗装に蓄熱された熱が放出され、熱帯夜になります。

緑のカーテンは、建物の壁などに熱を蓄積しにくくなるので、ヒートアイランド現象の緩和にも役立ちます。
なるべく、エアコンを使わず、通風だけで過ごせる家が増えれば、緩和につながりますし、エアコンを使うにしても設定温度を高めにできれば、緩和につながります。
緑化するということは、土の部分があるので、空気温度上昇を抑えることになります。
なるべく、庭には、全面砂利敷きやコンクリート舗装などにせず、芝生張りにするなど、緑化したほうが、いいです。
緑のカーテン以外の方法では、家のまわりに落葉樹を植えると、夏は葉が日射遮蔽し、冬は葉が落ちて、ひざしを取り込むことができます。

< 「緑のカーテン」の設計事例 > 
設計した「暮らせる蔵/阿久比」では、竣工し、引っ越した後に、お施主様がプランターにゴーヤーを植えました。
深い軒先に、フックを付け、つるが伸びるように、メッシュを張っていました。
過去ブログ ゴーヤを植えたところ。
「暮らせる蔵」 節電!ゴーヤのグリーンカーテン 

過去ブログ ゴーヤが伸びたところ。
「暮らせる蔵」 2年点検 
 


集まる家/刈谷」では、大きなウッドデッキ(外縁(そとえんと呼んでいます)にパーゴラを支える柱や梁(横架材)があり、つる性植物をはわせるメッシュを張れるようにしてあります。

次回に続く
「西尾市岩瀬文庫 「明治維新150年」展 建築も見学」