Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

海外プロサッカー選手にも影響を与えた伝説的サッカーアニメ「キャプテン翼」放送中!南葛=私たちが住んだ東京都葛飾区の町づくり

前回ブログの続きです。
前回は、「東海地方出身や名古屋グランパスにかつて在籍したロシア大会のサッカー日本代表選手たち」

前回ブログで、キャプテンの長谷部 誠選手の紹介で、「3歳のときにサッカーアニメ「キャプテン翼」の大空翼に憧れてサッカーを始める。」と書きました。
私の子供の頃は、漫画誌の週刊少年ジャンプで、漫画家 高橋陽一のサッカー漫画「キャプテン翼」が連載されていました。
それをアニメ化した、サッカーアニメ「キャプテン翼」がとても人気があり、全国にサッカーブームを作りました、
私も大好きで、よく見ていました。
キャプテン翼」にあこがれて、サッカーを始めたり、プロになった選手が多く存在します。
元日本代表の中田英寿や川口能活など。
世界50か国以上でも放送され、多言語で翻訳出版されているので、多くの海外のスター選手がファンになっており、影響を受けています。
元フランス代表のジダン、アルゼンチン代表のメッシ、神戸に移籍し話題となっている、スペイン代表のイニエスタ、今回グループリーグで対戦したコロンビアのハメス・ロドリゲスなど。
2016年8月、ブラジルのリオデジャネイロオリンピックの閉会式で行われた、2020年東京大会のプレゼンテーション動画に、「キャプテン翼」が登場しました。
キャプテン翼」は、日本だけでなく、世界のサッカーの大功労者です。
Jリーグも「キャプテン翼」がサッカー人気の土台を作っていたからこそできたものです。
  
「ボールは友達」が信条の主人公・大空翼(おおぞら つばさ)の活躍と成長を描いたサッカー漫画です。
翼は、通っている、架空の静岡県南葛市(なんかつし)の南葛小学校などの強豪校からの選抜チームである南葛SCのキャプテンであり、フォワードです。
南葛市ってどうやって決めた名前の由来なんだろうと、長年思っていたことを調べてみたら、作者の高橋陽一の出身校が東京都立南葛飾高等学校であり、その名を付けたとのこと。
高橋陽一の出身地は東京都葛飾区四つ木であり、私はかつて、東京事務所転勤時代に、葛飾区柴又にも住んでいたことがあり、京成四つ木駅は、通勤で通過していた地です。
何か関係あるのかと思っていたら、やはり、そうだったんだ!
葛飾区の柴又駅前には、映画「男はつらいよ」の寅さんと妹のさくらの銅像が立っています。
私たちが新婚時代に住んでいた時は、寅さんだけでしたが、3年くらい前に、さくらが加わりました。
同じ葛飾区内の亀有が舞台の、漫画・アニメの「こちら亀有公園前派出所」で町を盛り上げようと、JR亀有駅周辺には、両さんたちの銅像があることは知っていましたが、四つ木翼たちの銅像があると知りました。
石崎了」「日向小次郎」「ロベルト本郷と大空翼」「中沢早苗」「岬太郎」「若林源三」「ヒールリフトを行う大空翼」も。キャラクター紹介サイト 
四つ木にある商店街の一部は「つばさ通り」と改称され、大空翼の姿が描かれたタペストリーが設置されています。
また、翼、若林、日向らの姿が描かれたラッピングバスの運行が行われ都営バス京成タウンバスの計2台が葛飾区や墨田区千葉県市川市などの区間を走行しています。

漫画では、翼たちの成長に伴い、日本代表として活躍していく、 ワールドユース編、ROAD TO 2002、キャプテン翼 GOLDEN-23、海外激闘編、ライジングサンがあります。
これらの作品では、翼たち主要登場人物たちがスペイン、イタリア、ドイツ、日本などの各国リーグのプロ選手として活躍する姿が描かれています。
 
現在、深夜テレビで、サッカーアニメ「キャプテン翼」が放送中です。
「キャプテン翼」 テレビ東京系列(テレビ愛知)で月曜日深夜1:35~ 番組 公式サイト
昔の第1作を再放送しているのではなく、新作である、第4作です。4月2日から番組スタートしました。
ストーリーは原作を原作を忠実に描く予定となっています。
今日の放送 第14話「燃えろ南葛 明和を倒せ!」では、全日本少年サッカー大会に出場し、第1戦でライバルの明和FC(埼玉県代表)の日向小次郎との激闘が描かれました。
懐かしいー!小学生とは思えないド迫力!
名セリフ「ボールは友達」が出ました!
エンディングテーマ曲も当時と同じですし、作画も変に現代アニメっぽくなく、当時の雰囲気のままです。
上の子が好きで、録画していて、放送していることに気づき、少し前から見始めました。
これまでの話 こちらのサイトで、あらすじがわかります。
  
次回に続く
 サッカーアニメ「イナズマイレブン」新シーズン放送中!」