Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

愛知県内の市の人口ランキングトップ10 (2018年4月1日現在)

前回ブログの続きです。
前回は2015年国勢調査時点の人口ランキングなので、愛知県トップ10の、直近の2018年で調べてみました。
左端は2015年国勢調査10月1日、中央は2018年1月1日現在、右は2018年4月1日現在 違う日付の場合は( )に特記 人口増減率 
右端は人口全国順位(前者は東京特別区を区別に分けず計上 後者は東京特別区を区別に計上)
太字は西三河

1位  名古屋市  2,295,638   2,316,047           2,311,132      +0.007%     4位    3位 名古屋ナンバー  政令指定都市 
2位  豊田市    422,542    424,970              424,500        +0.005%    41位   49位 豊田ナンバー    中核市 
3位  岡崎市    381,051    386,763               386,943          +0.015%    50位   59位 岡崎ナンバー     中核市 
4位  一宮市    380,868     386,161              385,777          +0.013%    51位   60位 一宮ナンバー    施行時特例市
5位  豊橋市    374,765          377,561              376,478          +0.005%      53位   62位 豊橋ナンバー    中核市
6位  春日井市   306,508          311,608           311,293      +0.016%    71位   83位 春日井ナンバー  施行時特例市
7位  安城市        184,140          188,071(12/31)    188,693(3/31)  +0.025%   129位  149位
8位  豊川市        182,436                                   180,117(3/31)  -0.013%     130位  150位
9位  西尾市        167,990          171,880               172,011(3/1)   +0.023%   142位  162位
10位 刈谷市         149,765                                   151,413(5/1)   +0.011%   162位  181位
 
2015年と順位は同じです。
岡崎市と一宮市の3位争いは1166人差とわずかです。
人口増減率で見ると、安城市西尾市、春日井市、岡崎市、一宮市、刈谷市、名古屋市、豊田市、豊橋市、豊川市の順です。
豊川市のみ人口が減っています。豊橋も9位と下位です。
西三河に上位が多いです。三河では、西高東低の傾向です。
豊田市が下位なのは、旧町村エリアが広大でそれらの地域の人口減が影響しているのではないかと思います。
安城市は特に、大規模な安城桜井駅周辺特定土地区画整理事業などで人口が増えているのではないかなと思います。
岡崎市は特に、JR岡崎駅近くの大規模な岡崎駅南土地区画整理事業などで、これからも人口が増えていくのではないかなと思います。
3月に行ったのですが、とても広大です。藤田学園の大学病院やユニー系の商業施設群もできます。

次回に続く