Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

愛知県内の古建築や近代建築物等の国登録有形文化財の特別公開 豊田市見学 その6 「トヨタ鞍ヶ池記念館」

前回のブログの続きです。次の見学先は鞍ヶ池公園の「トヨタ鞍ヶ池記念館」です。

久しぶりの見学です。世界的な建築家 槇文彦さんの作品です。1974年 

文化財ではないですが、名建築です。

名古屋大学の象徴的な存在である豊田講堂はそれよりも14年前の作品です。

近年リニューアルされ、見学したことがあります。

昨秋、槇さん設計の京都国立近代美術館を見学しました。

トヨタ鞍ヶ池記念館は、三角形を2つ向かい合わせにしたプランで、多くが地面に埋め込まれ、ランドスケープと一体化して、建物は低く抑えられています。

豊田自動織機を設立し、トヨタグループの創業者である発明王 豊田佐吉の像。

静岡県湖西市の豊田佐吉の生家を見学したことがあります。

木製自動織機と鉄製自動織機

旧挙母市が、豊田自動織機の自動車部(佐吉の長男 豊田喜一郎が設立に尽力)の工場(現本社工場)を誘致し、トヨタ自動車が設立され、豊田市に改名されました。

トヨタ自動車誕生の物語(ドラマ内ではアイチ自動車)である、今年、春に放映された佐藤浩一主演(豊田喜一郎役)ドラマ「リーダーズⅡ」と数年前放映の「リーダーズ」を見ました。

尊敬すべきすごい偉人だと思いました。

トヨタ初の乗用車 トヨダAA型 ドラマで登場。これを創り上げ、販売するのに相当な大変な努力があったんだなあと感慨深かったです。

次回ブログは、次の見学先、公園内すぐ近くの豊田喜一郎邸です。