Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

「備える家/岡崎」 台風に強い家

実施設計中の、建て替え新築する「備える家/岡崎」のお施主様と打ち合わせしました。
先週末の台風の話が出て、強風で、家が揺れたそうです。
揺れるということは、構造体を留めている釘や金物等に緩みが生じる原因にもなり、地震時への影響が懸念されます。
建築基準法の耐震基準が大きく変わった、昭和56年(1981年)の新耐震設計基準の前に建設された、築40年弱の家で、市の耐震診断結果も悪かったし、矢作川に近く、地盤もよくないことがご自分でも岡崎市のホームページで調べていて、わかっているので、建て替えのご判断をされたのです。
岡崎市わが街ガイド ハザードマップや災害危険度判定(地震)のところを見てください。
http://www2.wagamachi-guide.com/okazakicity/

他の自治体でも同様なサイトがあります。

愛知県のホームページ 防災学習システム
http://www.quake-learning.pref.aichi.jp/

ご自分の家の敷地がどうなのか調べられますし、土地購入して新築される方は、見ておいたほうがいいと思います。

耐震について、気にする人は多いですが、強風に耐える、耐風についても、強度を増した、設計が重要です。
この家は、最高ランクの耐震等級3でかつ、最高ランクの耐風等級2の構造設計(許容応力度計算)をした家です。
むやみに、天井や階の高い家や、屋根勾配がきつく、外壁が大きい家は、風を受ける壁の面積が大きいので不利になります。