Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

オーダーキッチンのユーロモービルのショールーム見学

設計中の「通る家/岡崎」には、周囲をぐるりとまわれる、開放的なアイランドキッチンがあります。
キッチンユニットに何を選ぶか、既製品とオーダーキッチンの両方で検討しています。
ポイントは食器洗浄乾燥機(以降「食洗機」)です。
私たちが設計する家には、過去採用されなかったことはないというくらい、ご要望の高い設備です。
新築住宅の日本全体の普及シェアも高いのではないかと思います。
手洗いよりも、水道使用量も少なくて、エコですし、何より、家事が楽になります。
深夜電気契約するなら、深夜に稼働させれば、電気代も安くすることができます。
国産の食洗機で有名なメーカーは、パナソニック、リンナイです。
いずれも、引出式です。
かつては、いろんなメーカーが参入していましたし、また、キッチンカウンターに蓋を設けて、上から出し入れする、トップオープン式もありましたが、今はなくなっています。
引出式の食洗機を採用する場合に、よくお話しするのが、シンクで下洗いした食器を、食洗機に入れる際に、食器から落ちたしずくが、床面やカウンター面を汚すという問題です。
シンク下に食洗機が入れば、シンクから、手前に引き出しておいた食洗機に、食器を最短距離で入れることができ、しずくが落ちても、食洗機の中なので、その問題が解決できます。
既製品メーカーでは、唯一、タカラスタンダードのみが、シンク下に食器洗浄乾燥機を設置できます。
ということもあり、私たちの設計では、高品質ホーローで、コストパフォーマンスの高い、タカラスタンダードの採用率が高いです。
シンク下に引出式を設置する場合、シンクの深さ分、食器洗浄乾燥機の位置が低くなるので、ショールームで使い勝手をよく確かめることが重要です。
オーダーキッチンにして、シンク下に引出式を設置するということも可能です。(それが可能なオーダーキッチン会社であることが前提ですが)

海外製の食器洗浄乾燥機で有名なメーカーは、↑ドイツのミーレ、↓スウェーデンのASKO(アスコ)です。

国産にはない、大容量の大型製品があり、外倒し式扉が特徴です。
なので、シンク下には設置できません。
しかし、洗浄力が強力なので、下洗いなしですむ製品もありますので、これでしたら、下洗い時の食器からのしずくが落ちません。
採用を検討している、オーダーキッチンのユーロモービルの名古屋ショールームを見学し、両方を見ました。
「空縁の家/豊橋」のオーダーキッチンでは、ミーレを採用しました。
今回は、ASKOを採用する可能性があります。