Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

「回廊の家/岡崎」 竣工写真 その2 ポーチ・中央棟

和モダン住宅「回廊の家/岡崎」の竣工写真の続きです。

↑北道路と玄関とは高低差がありますが、バリアフリーに配慮し、スロープでアクセスできます。
スロープ舗装はすべりにくいよう、御影石ジェットバーナー加工の乱張りとしています。
手摺は道路側からは、縦格子で隠されています。
スロープも覆う大きな屋根には、大きな開口があり、大きく下がった軒先による圧迫感を軽減し、周囲を明るくします。

↑ポーチには、各世帯の木製玄関引違戸が並んでいます。
ポーチ床は、玄関床共、化粧砂利洗い出し舗装です。

↑玄関に設置した、造作ベンチや縦手摺が和の風情に違和感なく溶け込んでいます。
右脇の戸の向こうは土間の玄関収納があり、ホールへ通り抜けられます。

↑広々としたLDKの壁や天井は、100%自然素材塗り壁のシラス中霧島壁ライトです。
健康安全安心で、調湿や消臭など優れたいろんな機能があります。
床は無垢のヒノキフローリングです。節がなくてきれいな材を選びました。
床下冷暖房CCFスタイルを採用しており、床下全体をあたためたり、冷やしたりでき、窓際など各所には吹出グリルも設置されています。

↑LDKの全ての窓には断熱効果がある障子が設置されており、南窓の障子はふかし壁内に引き込み可能で、中庭を大きく眺めることができます。
障子は太陽光をやわらかい拡散光に変え、白っぽい壁や天井に、やさしく反射します。

↑障子をふかし壁内にすべて引き込んだところ。
ふかし壁を生かした、上部の間接照明のあたたかみのある光が、天井を照らしあげます。
次回に続く。