Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

「下山の光庭の家」 竣工写真 その5

和モダンスタイル「下山の光庭の家」の竣工写真の続きです。
キッチン以外の水廻り編。

↑吹抜のある廊下に面する洗面コーナー。

↑洗面コーナー隣の男子トイレ。共に腰に杉板を張っています。

↑滋賀県までお施主様が買い付けに行った、信楽焼きの手洗い鉢を埋め込んだ手洗いカウンターのあるトイレ。
壁は全て撥水和紙の玉紙。(他室の水廻りも共通)で、アクセントとして、手洗いカウンター上部の壁は朱色にしました。
床は天然リノリウムです。(他室の水廻りも共通)
筒型のシーリングライトは黒鉄釉の磁器製です。

↑洗面室の造作洗面化粧台。清掃性優先で、カウンターと洗面ボウル一体型です。

↑浴室の窓からは竹林が見えます。

↑洗面室、キッチン、家事室とつながるパントリー。
勝手口からは、車庫棟や外に行けます。

↑大きな窓のある家事室では室内物干ができます。
物干場に隣接しており、2つの開閉トップライト(屋根に付けた窓)を開ければ、風が通り、湿気を排出できます。(トップライトにロールスクリーンも設置したので、暑くなりすぎるのを防ぐこともできます)
トップライトからの光は、隣接するキッチン側の開閉ランマを通して、キッチンを明るくし、風を通します。
天井は、洗面室、パントリー共、吸放湿度性の高い「やさしい壁」張りです。
造作カウンターで、洗濯物をたたんだり、アイロンを掛けたりできます。
奥にはクロークがあり、洗濯物をしまったり、玄関にも近いのでコート類をしまっておけます。

↑ウッドデッキで目隠し格子の付いた物干場。
母屋と車庫棟の間にあり、目立たないけど、洗濯物は乾くように、隣棟間隔を計算して設置しました。
次回に続く。