Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

「下山の光庭の家」 竣工写真 その1

「下山の光庭の家」の竣工写真をご紹介します。
和モダンデザインの家で、母屋と車庫の2棟からなります。
外観編。

↑手前のオーバースライダードア付の車庫には、車4台と自転車が駐車可能で、収納や小屋裏収納もあります。

↑母屋の大きな庇が印象的です。
母屋外壁は100%自然素材でメンテナンスフリーのシラスそとん壁です。
破風板や軒天、目隠し格子や雨戸袋の杉板には、ドイツ製自然塗料のプラネットカラーで着色塗装しています。

↑東の車庫と西の母屋は、各々の庇を伸ばして重ねてあり、雨に濡れずに行き来できます。
母屋の中央(2階外壁が凹んだ部分)にある光庭へ採光・通風を図るために、1階の屋根は緩い屋根勾配が可能なガルバリウム鋼板葺きとしています。
その上に太陽光発電パネルをのせていますが、地上からは、全く見えません。
2階屋根は三州瓦葺きです。

↑母屋西には、ウッドデッキのスロープがあり、西に面する室1に直接出入りできます。
大きな庇を設けて、西日をカットします。

↑ポーチ脇の前庭の植栽。玄関ドアは木製気密ドアです。

↑ポーチ西壁には、グレーのボーダータイルを張り、車庫棟外壁のガルバリウム鋼板との色つながりを意識しました。
ポーチ床もボーダータイルと色合わせのタイルです。
次回に続く。