Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

「自作自然の家/岡崎」 耐震モイス工法

「自作自然の家/岡崎」の現場へ。

地震に耐える耐震構造として、私たちは、普段から、筋交い(すじかい)と耐力面材と呼ばれる耐震パネルを併用した構造を採用しており、「自作自然の家/岡崎」でもそうしています。
筋交とは、構造体の胴差や桁と呼ばれる水平材と柱との接合部と対角線上反対にある接合部を斜めに、つっかえ棒的に入れる木材です。
筋交いだけで、耐震構造として設計している工務店や設計事務所などは世の中にたくさんあると思いますが、私たちは、余震時には、釘が引き抜けてしまうことなどを考え、より強固に家全体を固める耐震パネルを併用しています。
サイコロの面のように、がちっと固めて地震に対して耐えるイメージです。
また、耐震パネルを採用することにより、筋交いを減らせ、大きな開口部(窓など)や小部屋で区切られない、開放的なプランが可能です。

耐震パネルである、モイスTMが張られ始めました。
モイスには、耐力面材としてだけでなく、様々な特徴があります。
耐力面材には、構造用合板やOSB(木片を接着剤で固めたボード)など、いろんなものがありますので、なんでもいいというわけではありません。
モイスは、吸放湿性、透湿性があります。
構造用合板やOSBは、湿気を通しにくいので、壁内結露対策が不可欠です。
モイスは、シロアリにやられませんので、パネル面への薬剤処理が不要です。
モイスは、耐火性があります。
モイスは、バーミュキライトという天然の粘土鉱物が主成分で、リサイクル可能で、土に還ることもできます。
モイスは、釘がよく効きます。引き抜き耐力もあります。
内装用モイスも今回採用しますが、細くて目立たない釘を打って、そのまま仕上げとします。
耐力面材のモイスTMと内装用モイスで柱をはさみこんだ、いわば、「ダブルモイス」です。
普通の家では、石膏ボードという下地にクロスを張るのが一般的ですが、クロスや接着剤をちゃんと選ばないと、シックハウスの恐れがあります。
モイスは、ホルムアルデヒドなどの有害物質を吸着・分解します。消臭もします。
その他にも優れた特徴があります。
しかし、モイスは、震災前から、品薄状態だったのですが、震災後にさらに、入手が困難になりました。
一時期は、お施主様と、違う耐力面材(ダイライト)に変えることも相談したのですが、モイスのよさにほれこんだことや、防火構造認定の関係(新聞紙を粉砕したセルロースファイバー断熱材と外壁のガルバリウム鋼板や杉板張りが可能)で、他に変えることはせず、いつ納品されるか分からないモイスを待つことを、決断したのです。
これは、工期延長が許容される、お施主様が大工である中嶋さんの家だったから可能なことです。