Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

KYBによる、免震建築物に設置する免震オイルダンパーの改ざん問題

自動車部品メーカーでもある、KYBによる、免震建築物に設置する免震オイルダンパーの改ざんが、大問題になっていますが、3年前にも、東洋ゴムの免震ゴムの改ざんがあったばかりです。
こちらは、その違いについての記事です。
KYB検査データ改竄、「東洋ゴム」との違いは? 

耐震上は震度7でも大丈夫と国土交通省も答弁していますが、そんなのは当たり前です。
免震装置は、耐震性を担保するものではなく、地震の大きな揺れを小さく抑える装置だからです。
耐震性をアップした状態(耐震等級2や3など)の建物に付けるのが、特に官庁建物では当たり前のことです。
免震装置はとても高価なので、耐震等級の低い建物(等級1は建築基準法レベル)に付けるのはもったいないというか、意味がないです。
予算の制約があれば、まずは、耐震性アップを先にすべきです。
戸建住宅では、免震装置を採用した家は、かなり少ないです。
かなり高価ですし、地盤の制約や敷地周囲の構造物との離隔距離が必要であることなど、多くの制約があるのも要因です。

KANO空感設計では、7年前の東日本大震災以前から、制振金物を設置した家を常に設計しています。
もちろん耐震性を最高ランクの耐震等級3にアップした上での設置です。
免震よりも、ずっと安価に、地震の揺れを半分に抑えた家に設計することができます。
いろんな制震装置を採用してきましたが、最近は、イケヤ工業のガルコンをよく採用しています。
3枚の分厚い鋼板(自動車用)の間に、各々の間に粘性体をはさみ、さらに、バネがついていて、元の位置に戻ろうとします。
イケヤ工業のガルコン
https://ikeya-k.jp/feature/
また、地盤改良によって免震効果をはかる、置換工法である、スーパージオ工法http://www.chitaikyo.or.jp/sgmethod.html 

コロンブス工法
http://www.plg.co.jp/
を多く採用してきています。
液状化地盤対策にもなります。