Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

名古屋・中村遊郭の歴史・建築的価値・研究・名古屋工業大学若山滋研究室

以前の名古屋・大須のブログの続きで、名古屋の中村遊郭についてです。
<中村遊郭の歴史>
1858年にできた、大須観音の北の日乃出町の北野新地が、1875年に、西大須へ移転した旭遊郭は、1923年に、中村日赤駅近くに移転し、中村遊郭となりました。
中村遊郭は、全盛期の1937年には、日本最大級の遊郭となりました。
地図を見ると、その独特な町の形に痕跡が残り、 正方形の町割で、四隅の道は斜めにすることで廓の外周を不等辺八角形とし、外部からでは中の様子をのぞくことが出来ないようになっていました。
遊郭は廃止され、現在当地は、風俗街としても知られます。

<中村遊郭の研究>
私は、名古屋工業大学の学生の時に、仙田満研究室に所属していました。
当時の意匠系の二大研究室のひとつであり、もうひとつは若山滋研究室でした。
若山研究室の学生たちが、若山滋教授とともに、中村遊郭の研究をしていました。
当時、INAX出版から、先生が中村遊郭について出版された本があります。
INAX ALBUM 11 遊蕩の空間 中村遊郭の数奇とモダン

大正末当時の建築技術を最大限に発揮して建てられたものが多く、近代の文化財としての視点からも価値があります。
廓内の4件(長寿庵・旧松岡旅館・料亭 稲本・料理旅館 大観荘)が名古屋市都市景観重要建築物に指定されています。
(うち料理旅館 大観荘は2004年に、長寿庵は2014年にそれぞれ解体され指定解除)
  
先生には、設計製図などの授業を教えていただきました。
若山先生はテレビなどメディアによく登場される先生です。
今は、大学を退官されていますが、執筆活動など精力的な活動をされています。

建築家としても多くの作品を設計されました。
卒業後、私は名古屋大須の青島設計に入社しますが、若山研究室と青島設計との共同設計で、いくつかの建物を設計しています。
私の先輩や後輩(大学でも)が設計担当していました。
西尾市岩瀬文庫展示棟
見学時の過去ブログ
「ホワイトアクア/西尾」 着工前の2つの申請&西尾市岩瀬文庫展示棟見学

東邦ガス緑浜工場管理センター