Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

安城市最古級の姫小川古墳と古墳上の浅間神社に参詣

安城の確認検査機関である、愛知建築センターに行った帰りに、安城市姫小川町の浅間(せんげん)神社に参詣しました。
安城市姫小川町姫40

この神社は、姫小川古墳という、西三河最古級の前方後円墳の上に拝殿・本殿が建っています。

古墳前期後半(4世紀後半)に築造されたと考えられています。

国の史跡に指定されています。

浅間神社は富士山信仰の神社です。 拝殿。

社殿は、昭和20年1月13日の三河地震(最大震度7 死者2306名)で倒壊しており、その後、再建されたものです。

本殿。

浅間山噴火の際の溶岩もありました。

古墳の前方部分を見下ろしたところ。

「山頂」にあった、本地仏の薬師堂は、「ふもと」に移転されています。


周辺には古墳が多く、姫小川古墳群を形成しています。
歴史ロマンを感じます。二子古墳を