Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

9月16・17日オープンハウス見学会 室内飼いネコちゃんと暮らす工夫満載「平安光縁の家/幸田」岡崎のKANO空感設計 平屋・中庭・床下エアコン・バイクガレージ・自然素材

室内飼いのネコちゃんと暮らすための様々な工夫をして、人もペットも幸せになる家の完成見学会のお知らせです。
9月16・17日(土日9~17時)に「平安光縁の家/幸田」のオープンハウスを幸田町(岡崎市南隣)で開催します。
KANO空感設計(愛知三河岡崎の夫婦設計事務所)のフェイスブックページやブログでもお知らせしています。http://kanocd.exblog.jp/27094139/
平屋・中庭・バイクガレージ・床下エアコン・自然素材の家です。
今回はネコちゃんとの楽しいネコライフを中心に説明します。バイクライフ編はこちらhttp://kanocd.exblog.jp/27094679/
雨でも物干し編はこちらhttp://kanocd.exblog.jp/27110055/
深い軒で、風情ある光格子で囲まれた、「光縁」ウッドデッキはネコちゃんが外へ出ていかず、走りまわれたり、気持ちいいひなたぼっこスペースになります。

高い所が好きなネコちゃんのための窓上のネコウォークは、間接照明ボックス兼カーテンボックスです。ネコウォークと行き来できるネコタワーを置く予定です。
両端に置くと、ぐるぐる廻れて楽しいでしょう。

LDとトイレの引戸にネコドアを設置しました。


各引き戸が閉まっていても、ネコちゃんは自由に、ネコドアから出入りできます。

ネコドアは蓋付で、取り外したり、閉めることもできます。写真は閉めたところ。

バリアフリーも考慮した広めのトイレの一角がネコトイレになっています。

キッチン進入防止のロック付引き戸やダイニングとの間のロールスクリーンがあります。↓キッチン引き戸を開けたところ。

キッチンとダイニングとの間のロールスクリーンを閉めたところ。キッチン引き戸も閉めています。

キッチンから見た、ともに閉まっているところ。

キッチン脇のパントリーは、上下の扉に分かれており、下扉や可動棚を外すと、ネコスペース(こもれるスペース、ネコゲージ、食事場)となり、上部は扉を外さず、ネコパントリー(フードやグッズのストック)となります。

温熱環境にも配慮し、高気密高断熱とし、飼い主不在時でも、防犯しながら通風できる可動通風シャッター付窓や電動高窓、シーリングファン(天井扇)、家じゅう快適な床下エアコンを採用しています。
天井のシーリングファンは、冬はあたたかくなって天井付近にこもる熱を押し下げ、夏は逆回転させて、上昇気流を創りだします。

可動通風シャッター付窓のシャッターをおろし、通風可能な状態にしたところ。


礎断熱
とし、
床下エアコンによって床下空間を暖め、また床吹出口からの暖気送風により、部屋間温度差を少なくして、心臓等へのヒートショックがおきにくします。

床下エアコンLD収納内に入っていて、手前のガラリ引違戸で隠せます。

部屋の窓直下を中心に、ホール,水まわり等各所に設けた床吹出口からも暖気が上がります。

特に窓直下の床吹出口は長くしてあり、窓ガラスからおりてくるコールドダウン(冷気降下)対策にもなります。

ワンちゃんと暮らす家も何例 も設計したことがあります。
「囲む家/安城」には大きなドッグランやLDKから、そこへ降りやすい、端が階段状になった大きなウッドデッキがあり、足洗い場も脇にあります。
階段下には、ケージなしで暮らせる、腰壁や扉で囲まれた、ワンちゃんスペースがあります。
この家ではネコちゃんも一緒に暮らすので、ネコドアや、LDK内独立柱に麻ロープをぐるぐる巻きつけた、ネコ爪とぎやそこから、ジャンプして2階に上がれる大きな吹抜があります。http://kanocd.exblog.jp/i38/