Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

コープ 地震対策の制振工法の中間発表

私は、コープ生協の提携建築士をしています。
毎年、5月に、一般社団法人 建築士協同プロジェクト(生協と提携している建築士グループ)の総会があります。
その時に、大勢の建築士やコープ職員方の前で、私に、研究テーマとして与えられた、地震対策「制振」について、発表する機会があります。
それに向けての中間発表を、先日、他の発表者や役員や職員の前で行いました。
「制振  揺れを抑えて、余震に強い住まい 」と題し。
話しの流れは、
1.大地震から節目の年で地震対策に注目
2.直近・近県の長野県北部地震で大被害
3. 耐震性を重視する人が増加
4.耐震等級2や3が当たり前な時代に
5.「耐震=剛」にするだけではダメ
6.頻繁に起きる大きな余震への対策が重要
7.耐震以外の地震対策工法 免震・制振
8.大手メーカーは6割が制振工法を採用
9. パワービルダー、中小工務店も採用
10.種類 材質による分類
11. まとめ 
こんなかんじで、パワーポイントをつくりました。
「制振」の必要性を説く内容となっています。
KANO空感設計では、東日本大震災の以前から、全ての家で、制振工法を採用しています。
耐震設計をした上で、取り付けるものです。
詳しく知りたいかたは、ぜひお問合せください。
このパワーポイントも使って、説明をします。