Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

「通る家/岡崎」 お施主様と名古屋のオーダーキッチンメーカーと打合せ、ウェルフェア2014(国際福祉健康産業展 福祉用具等の展示)見学

「通る家/岡崎」のお施主様と、名古屋のオーダーキッチンメーカーに行って、一緒に打合せしました。
その後、その後、名古屋港金城埠頭にある、ポートメッセなごやで開催された、ウェルフェア2014へ一緒に行きました。
正式名は第17回 国際福祉健康産業展です。
様々な介護、福祉、健康などの展示イベントです。
バリアフリー住宅として設計をするので、見学にきました。

こちらは、ベッドから身体を吊り上げて、他へ移動できるようするための介護補助装置です。
設計では、当初、天井走行レール(親寝室から浴室まで)による、吊り上げ型移動装置を作図して検討していましたが、こちらの走行式のほうが、現実的ということになりました。

 こちらは、階段昇降機です。
実際に設計に採用しなかったものの、将来設置できるように、図面を書いて検討し、コンセント設置などの対応をしました。
(2018年5月追記 名古屋城木造復元工事で、エレベーター設置するかどうかの問題がでていますが、エレベーター設置の代わりに、階段昇降機による対応も、可能性のひとつです) 

こちらは、TOTOのベッドサイドトイレです。
寝室内に水洗トイレが置け、移動ができる画期的な商品です。
従来のポータブルトイレに比べ、格段の快適性、利便性があります。
実際には、設置しませんでしたが、1階の親寝室に設置できるよう、設計で配管準備しました。
(2018年5月追記 2017年に竣工した、「大屋根中庭の家/岡崎」でも、同様に設計配慮しました)
 
こちらは、入浴介助用の手動式の横移動リフトです。実際に乗ってみました。
お施主様にも体験してもらいました。 
実際には設計採用しませんでした。
(2018年5月追記 2017年に竣工した、「大屋根中庭の家/岡崎」では、TOTOのバスリフトを設置しました。
写真の商品とは違い、浴槽の上に置いて使うものです。電動で座面が下がります。)

こちらも、階段昇降機です。