Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

「自?作自然の家/?岡崎」 床下冷房体験会 参加者募集締切りました

イベント告知のため、8月18日まで、この告知記事をトップページにします。
毎日更新されるブログは、この記事をスクロールした、先にあらわれます。
毎日見てくださる方には、めんどうですが、よろしくお願いします。
私たちKANO空感設計が設計監理し、今春竣工した「自?作自然の家/?岡崎」にて、お施主様であり、大工さんである、光ケ丘中嶋?建築の中嶋雅典さんのご協力とご好意のもと、当イベント?を8月19日(日)10時~17時に開催します。
この家は、中嶋さんのご自宅であり、光ケ丘中嶋建築の家?づくりをお見せする実物モデルハウスでもあります。
家のタイトルにあるように、中嶋さんが自分でこの家を造?り、自然素材をふんだんに使った家です。
1階と2階の床下を冷暖房しており、輻射による自然な冷?暖房感や心地よさを感じることができます。
床ガラリ(吹出口)や天井吹出口から、冷暖房された空気?を直接、送ることもできます。
ぜひ体験していただきたいと思います。
参加ご希望の方は、日時と参加人数をフェイスブック(toshikatsu.kano@face?book.com)やメ?ール(info@kano-cd.jp)や電話(056?4-26-3051)などで、KANO空感設計 加納年?勝まで連絡ください。
案内図を送ります。
19日午後1時からは、床下冷暖房システムCCFスタイ?ルを開発された、温熱環境研究所 温風床暖房研究所 株?式会社 駒匠の駒形 直彦社長による熱環境セミナーも行います?。
スライドを用いた、素人の方にも十分わかりやすいもので?す。
ちなみに、3月には、「床下暖房体験会」を実施したとこ?ろ、玄関を入ってすぐに、感じる自然な暖かさに、みなさ?ん感心していました。
家じゅうの温度差が少ない空調システムなのです。
廊下やトイレや洗面室って普通の家は、冷暖房がないから?、夏暑くて、寒いですよね。
この家はそういうことがないのです。
目障りで、存在感の大きいエアコン本体が見えないという?のもいいですね。
エアコン本体がどこにあるか、探してみてください。
優れたシステムですが、設備だけあっても、この心地よさ?は、成り立ちません。
家自体の高気密・高断熱・高遮熱が絶対条件です。
地震に耐える、耐力面材モイスTMを外周に張りめぐらし?、さらに制震テープ工法により、気密を高めています。
基礎断熱には、大豆由来の自然系発泡ウレタン、壁や天井?には、新聞紙粉砕セルローズファイバーを充填し、断熱サ?ッシとしています。
外壁下地には、遮熱透湿防水シート、屋根には空気層サン?ドイッチ遮熱シートを張り、各々の外部側に通気層を設け?て、すみやかに排熱できるようにしてあります。
内壁はモイス直張り、床は、無垢で21mmもの厚みのあ?るフランス産ボルドーパインフローリング張り、天井は、?杉板張り(各々ドイツ製自然塗装)として、全て、吸放湿?性能の高い素材を用いることにより、夏の湿度を抑えるこ?とで、高めのエアコン温度設定でも心地よさを得られます?。
冬は逆に素材から放湿されて過乾燥を防ぎ、低めのエアコ?ン温度設定でも心地よさを得られます。
1階が個室群、2階がLDK+水廻りという逆転プランの?家です。
1階は天井を張らず、梁などをあらわしにして、木のあた?かみを感じることができます。
2階は小上りの畳コーナーのある、斜め天井のダイナック?なワンルーム的な空間で、階段で上がれる大きなロフトと?一体となっています。

床下冷暖房だけでなく、みどころ満載の家です。
「自?作自然の家/?岡崎」についてはブログで、専用カテゴリを作ってありますので、中嶋さんとの最初の顔合わせから、設計、工事、竣工後について、全て見ることができます。
ぜひご来場ください!
お待ちしています。