Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

「(仮称)岡崎の住宅」 北棟の配筋検査・コンクリート打ち立ち会い

「(仮称)岡崎の住宅」の現場へ。
しばらく、この家に関するブログをアップしていませんでしたが、今年になってからの分をまとめてアップします。
この家の中央棟と南棟は、道路から60cm上がったところが、設計地盤レベルですが、ビルトインガレージの北棟(車庫+2階居室)のみ、道路レベルにあります。
そこで、北棟とそれ以外を分けて、基礎工事を行っていきます。

↑北棟のコロンブス工法による地盤改良の後に、捨てコンクリート(調整コンクリート)が打設されたところです。

コロンブス工法では、↑発泡スチロールがたくさん、地面に埋め込まれます。
液状化対策となりますし、地震時の揺れを半分に抑える効果があります。

後日、配筋検査を行いました。
大きな車庫で、間口が広くてスパンがとんでおり、上に2階が乗ることもあり、鉄筋量が多いです。

後日、コンクリート立ち会いを行いました。