Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

板倉構法(落とし壁構法)の?勉強会

板倉構法(落とし壁構法)をやっている工務店の?勉強会に行ってきました。
構法自体は新しいものではなく、昔から日本では、主に木造の蔵などに使われていました。
柱に溝を掘っておき、柱と柱の間に、杉の板を上からどんどん落とし込んでいき、壁にする構法です。
過去ブログ(板倉構法を実践している、建築家の安藤邦廣さんの講演会)
過去ブログ(「板倉構法」の家 オープンハウス見学)
過去ブログ(板倉構法(落とし板壁構法)のモデルハウス見学)
この工務店でも、昔ながらの工法でやったこともあるそうですが、工期がたくさんかかりすぎるので、現実的ではないと、巨大な杉のパネルを開発し、それを、落とし込む工法に変えていったとのことです。
パネルを耐力壁として、認めてもらうための、大臣認定を取得するのに、莫大なお金と労力がか?かっているそうで、その苦労話を聞きました。
巨大な実物モデル(実験に使ったモデル)も見せてもらいました。
大きすぎて、会議室内に立てられず・・・。
筋交いを使わなくてすみますので、筋交いの見えない、杉板あらわ?しの、無垢の木がいっぱいのデザインが可能になります。