Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

板倉構法(落とし板壁構法)のモデルハウス見学

過去ブログで、板倉構法(落とし板壁構法)の家を見学したことについて、書いていますが、この家とは違う種類の、板倉構法のモデルハウスを見学してきました。
安城市の明城という工務店がやっています。
合板を使っていない家だそうです。
私もなるべくなら、シックハウスの観点などから、合板は使わないほうがいいとは思いつつも、コストを抑えながら、地震に耐える水平面を構築するために、剛床(床下地)や剛野地板(屋根面)にするために、使っています。
予算があえば、合板を使わない床下地(Jパネル)や杉の野地板にすることもしています。
私たちは、耐力壁に構造用合板を使うことはしたくありません。
外壁内に入った湿気が合板を通らないので、断熱材の種類によっては、壁内結露の恐れがあると考えているからです。
「筋交いだけ軸組工法」から時代が変わり、「耐力パネル軸組工法」が主流になった今、世間ではそういう家が多いと思います。
街中を通るとよく、合板で囲まれた現場を見ます。
私たちは、耐力パネルに透湿性の高いモイスTMまたはダイライトを使うことが多いです。
明城は、自社開発の床構法や耐力壁によって、合板レスが実現したそうで、大臣認定を取得するのに、莫大な費用がかかっているそうです。
ただし、設計事務所であれば、これらの構法を使って、設計してもいいそうです。
(施工は、明城にということになるのでしょうが)
落とし板壁構法の特徴は、柱と柱の間に板を落としこんでいく構法であることから、柱が見える「真壁デザイン」にしやすいということです。
木をふんだんに使った、ログハウス的な家になります。
ただし、壁内空間というものがない構法なので、電気配線が見えやすく、その処理方法をどうデザインするか、というのが、難しいところです。