Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

「自作自然の家/岡崎」 窓で節電 その1

「自作自然の家/岡崎」 の現場へ。

制震テープ(過去ブログ参照)を張りながら、その上から、耐震パネルのモイスTM(過去ブログ参照)を張っています。

サッシが設置されました。
2階リビングから見ると、南と西に大きな窓があり、開放的です。
今は、緑が見えるいい眺めですが、将来、何が建つか分からないということもあり、リビングを2階にしました。
庭代わりの大きなウッドデッキのバルコニーが西にある(南バルコニーは奥行が小さい)ので、西にも大きな窓を設置しました。
西窓の上には、大きな庇を設置して、西日よけとしますが、西日は低い太陽角度で入ってくるので、夏には、よしずを立てかけるとか、すだれをかけるなどの西日対策が必要です。
窓の内側でカーテンやロールスクリーンで西日を遮るよりも、窓の外で遮ったほうが、室内に熱を取り込まないため、より効果的です。
おしゃれなカフェなどに設置してあるオーニングも設計中に検討しましたが、どうも和モダンデザインの外観に似合わないし、強風時には、たたまないと壊れるので、庇にしました。
よっぽど暑い時は、雨戸があるので、西窓だけ、閉めてもらうこともできます。

よしずやすだれは、節電対策で売れているそうですね。
光や視線は遮らずに、熱を遮ることができます。
昨日は障子について書きましたが、これも日本人の知恵ですね。
よしずやすだれの似合う、和モダンの家になると思います。
次回に続く。