Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

「自作自然の家/岡崎」 制震テープを使った「超制震」

「自作自然の家/岡崎」の現場へ。
お施主様であり大工の中嶋さんの、ブログ以外での初めての営業活動として、足場に2枚の大きな広告シートが掛けられました。

1枚は、制震テープを使った「超制震」です。
「テープ」なんて、頼りないイメージですが、スーパーゼネコンである清水建設と、東京大学と、(独法)防災科学技術研究所との共同開発により、生まれた技術で、テープに使われている粘弾性体は、高層ビルの制震装置にも使われています。
メーカーのアイディールブレーン(株)は、清水建設の社内ベンチャーだったチームが分離独立した会社です。

このテープ(↑写真は間柱用の幅狭タイプですが、柱用は100mm幅の幅広タイプです)を外周部の柱などの構造体に張り、その上に耐力面材(今回はモイス)を張っていくのです。
家全体を耐力面材や筋交いなどを使って、がっちりと固めて耐震構造とした上で、このテープを張ることにより、地震に対して、揺れを抑えることができます。
地震の後に繰り返される余震に対しても、効果を発揮します。
地震対策として、免震工法といって、建物全体を大きな架台の上に乗せ、ローラーやゴムなどで、地面からの揺れを伝えないようにする方法もありますが、普通の規模の住宅で500万円以上とかなりの高額ですし、地盤の地質の限定、周囲のあきスペースの確保、プランなどの制約も多いです。
一方、制震は、免震に比べて、大幅にコストを抑えることができます。
制震には、いろんな方法がありますが、制震ダンパーなどの金物を設置することが主流です。
今回、制震テープを採用するに当たり、設計中に、お施主様とアイディールブレーンの営業マンと打合せをしています。
そのことは、お施主様であり、大工の中嶋さんの当時のブログを参照してください。
一般的に行なわれている1階だけ設置する制震金物による制震に比べ、家全体が「制震ダンパー」になるのがいいと思いました。
またコストパフォーマンスが高いのも魅力です。
今回の東日本大震災により、TVでは津波被害ばかりクローズアップされますが、私たちが定期購読している建築情報誌(日経ホームビルダー)などでは、地震による建物の倒壊などの写真などがたくさん掲載されています。
足場に付けられたもう1枚のシートは過去ブログで紹介した、次世代全館空調床下冷暖房CCFスタイルです。