Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

大阪万博記念公園の博覧会建築の見学1 オブジェであり、建築物である「太陽の塔」

前回のブログの続きです。万博記念公園の太陽の塔の内部が、3月19日に48年ぶりに公開されました。
太陽の塔オフィシャルサイト
1年くらい前に、大阪旅行に行った時に、万博記念公園で、EXPO’70 パビリオン(旧鉄鋼館)を見学しましたが、万博を紹介する展示がいいです。当時の博覧会建築群は、画期的で未来的なデザインのものばかりで、今見てもすごいです。
当時のパビリオン(展示館)のご紹介はこちら

 会場全体模型。奈良の東大寺にかつてあった、七重の塔もあります。写真右端にテーマ館と太陽の塔。

中央付近にあるのが、テーマ館の屋根が飛び出た、太陽の塔。


  EXPO’70パビリオン 大阪万博公式メモリアルガイドを買ってきました。

すごい巨匠建築家たちが、若かりし頃、こぞって、博覧会建築を設計していました。
こちらのサイトに設計者リストがあります。

太陽の塔は、テーマ館のお祭り広場の大屋根にあけられた巨大な穴から、飛び出ていました。

テーマ館を設計したのは、丹下健三で、他の代表作は、国立代々木体育館(東京オリンピック開催のため建設)や東京都庁舎など世界で活躍した建築家です。

太陽の塔の背面側には大階段があります。開会式などの式典の席にもなっていました。

お祭り広場


 正面側。
「腕」が屋根とくっついているのには理由があります。
地下から、太陽の塔の中に入った見学者は、エスカレーターで内部の展示を見ながら、のぼり、最後に、「腕」の中のエスカレーターで屋根直下レベルにあるリング状の見学者通路に出れるようになっていたのです。

太陽の塔は単なるオブジェではなく、テーマ館の一部である「建築」なのです。
 
池越しの太陽の塔の背面。いかに大きいかわかると思います。青い噴水「星雲」はイサム・ノグチ作で、万博遺産です。

テーマ館お祭り広場の屋根のフレームも一部残されています。下に見える、園内を走っている遊覧列車にも乗りました。

 
私は日本万国博覧会(大阪万博)(1970年)には、行ってないです。
当時1歳でしたので、行ったとしても記憶にないでしょう。
タイムマシンがあったら、大阪万博に行きたいです。
次回に続く