Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

「備える家/岡崎」 工務店の会社の打合せ室で打合せ

設計した、「備える家/岡崎」 の施工を行っている、工務店の会社の打ち合わせ室で、監理業務として、監督と協力業者を含めての打合せをしました。
電気、衛生、ガス、木製建具の各会社と各々、質疑回答をしながら。
その後、監督との打ち合わせもしました。
全部終わるのに、2時間半くらいかかりました。
工務店によって、こうした着工直後や直前の打合せのやりかたはいろいろです。
 今回のように、工務店の会社(うちの事務所でやることもあります)に各業者を集めて、顔合わせを兼ねて、打合せを行う場合もあるし、それをしなくて、現場で、各業者にその都度のタイミングで来てもらって、そこで、打合せすることもあります。
各協力業者は、上記以外にも、まだまだ、たくさんあります。
設計の仕様の内容によっても、かかわってくる業者は変わってきます。
基礎屋、仮設足場屋、板金屋、左官屋、大工さん、サッシ屋、クロス屋、外構屋など様々です。

現場が上棟(構造体を組み上げること)してからは、現場で、各業者と頻繁に、打ち合わせすることが多くなります。
直接、実際の現場を見ながらのほうが、お互い話が早いです。
なので、あまりにも現場が遠方だと、頻繁にいくのも大変なので(他の仕事との兼ね合いにもよりますが)、きめこまかい監理をするのが、難しくなってくると思います。
例えば、この東海地方の住宅の現場なのに、東京の設計事務所に設計依頼するということも、世間では行われることもありますが、ちゃんと、頻繁に現場に行って監理ができるのかなあと思ってしまいます。(他に仕事がないなら可能かもしれませんが)
設計の時ほどの頻度ではないですが、随時、施主との打合せも行っていく必要があります。
遠方だと、設計料以外に、交通費も余分にかかると思います。