Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

愛知県内の古建築や近代建築物等の国登録有形文化財の特別公開2017が開催されます

昨年も行きましたが、今年も愛知県内各所において、古建築や近代建築物等の国登録有形文化財(建築物)の特別公開が開催されます。
今年で4回目です。昨年初めて行きましたが、人気は高いようで、たくさんの見学者がいました。
建築関係者だけでなく、一般の方のほうが多いように感じました。
11月4日は、岡崎と豊田で開催があります。
10月29日の犬山市をかわきりに、各地域で日にち限定で、めったに内部を見られない、貴重な建築物が特別公開されます。
解説よる説明の時間が決まっている建物はその時間に行ったほうが、より理解が深まるのでおすすめです。
詳しくは、愛知登文会のホームページへ。http://www.aichi-tobunkai.org/
11月4日  西三河:岡崎・豊田
11月11日  知多
1月12日  東三河:豊橋・豊川・新城
11月18日  名古屋
11月23日  尾張

ちなみに昨年は、岡崎、豊川、豊橋、名古屋を見学しました。
昨年の岡崎では、八丁味噌のカクキューの事務所棟(味噌蔵を見学した人は多いと思いますが、普段はこの独特な外観デザインの事務所棟へは入れません。それがこの日は入れるのです!)
岡崎信用金庫資料館(旧岡崎銀行本店 赤レンガの近代建築 私の母校名工大の前身である名古屋高等工業学校の鈴木禎次教授が設計)
善立寺(松平家・家康公ゆかりの寺 本堂では宮大工の大工道具の展示もあり、説明してもらいました 天井デザインが特異)
旧愛知県岡崎師範学校武道場(愛教大付属小学校内にあり、初めて校内に入りました)
を見学しました。
今年もこれらに加え、旧本多忠次邸(岡崎東公園内 徳川四天王の本多忠勝の子孫の移築洋館 メーンロードから見えます)
旧愛知県第二尋常中学校(現在の岡崎高校)講堂(針崎町 JR岡崎駅近く) 
旧石原邸(昨年のあいちトリエンナーレ2016の岡崎会場のひとつ 江戸時代の古民家 市民会館近く)
も公開されます。