Blog / KANO空感設計 あすまい空感日記・・・明日の私(MY)の住まい

「通じる家/岡崎」 吹抜上部のシーリングファン

設計して、もうすぐ竣工する「通じる家/岡崎」のLD上部の吹抜見上げです。
天井は杉板張りです。
天井のシーリングファンは、夏は扇風機のように、下向きに回しても涼しくていいですし、床下エアコン(床置き型)をつけている時は、冷気をある程度、かきまわしてくれます。
外が朝夕の高温でない時は、窓を開けて、シーリングファンを上向きにまわすと、上昇気流が生まれ、外から風が入ってきます。